タグ:谷崎潤一郎 ( 20 ) タグの人気記事

「雪国」を書いたのは誰?


「雪国」には、スカシのように「源氏物語」が入っていると書きました。

やっぱりそうでした。

表では「澪標」「手習い」「鈴虫」「闇」などですが、裏の意味でも狐・ガマ・蛭・熊・雷などが目につきます。


そして、コレ。皆様、どう解釈しましたか。



「君はいい女だね」

「どういいの」

「いい女だよ」

「おかしなひと」と、肩がくすぐったそうに顔を隠したが、なんと

思ったか、突然むくっと肩肘立てて首を上げると、

「それどういう意味? ねえ、なんのこと?」

 島村は驚いて駒子を見た。

「言って頂戴。それで通ってらしたの?あんた私を笑っていたのね

。やっぱり笑ってらしたのね」

真赤になって島村を睨みつけながら詰問するうちに、駒子の肩は

しい怒りに顫えて来て、すうっと青ざめると、涙をぽろぽろ落した

「くやしい、ああっ、くやしい」と、ごろごろ転がり出て、うしろ

向きに坐った。

 島村は駒子の聞きちがいに思いあたると、はっと胸を突かれたけ

れど、目を閉じて黙っていた。

「悲しいわ」

 駒子はひとりごとのように呟いて、胴を円く縮める形に突っ伏した。

 そうして泣きくたびれたか、ぷすりぷすりと銀の簪を畳に突き刺

していたが、不意に部屋を出ていってしまった。




「いい女」を何と聞き違えたのか。


「海鷂魚(えい)女」でしょう。


「源氏物語」の裏読みでは、近江の君=アカエイです。

ペラペラと早口の女性。末摘花とならぶ、笑わせキャラです。

アカエイは刺されると極めて危険。


何を言っているのか理解不能な人がほとんどでしょう。

海鷂魚については「騎士団長殺し」で触れた気がします。

死ぬとアンモニア臭がする。


 小便臭い=青臭い小娘


このギャグのセンスは、じつに谷崎っぽいわけで……。


他にも「狐の嫁入り」という、まったくイミフな喩え。「狐」を出すためにワザとやったと思われます。

そうそう、霜柱を「寒天」に喩えたのも笑っちゃいました。


[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-14 17:50 | 詩・文芸 | Comments(0)

谷崎は両利きか


「ダンス・ダンス・ダンス」で気になったのがキキの耳です。

いったいどんな耳なんだ!という凄さ、素晴らしさ、見た者を圧倒するらしい。

片方はモデル用、つまり営業用だそうで。反対の耳が、それ以上に凄いらしい。

何を意味していると皆さん考えましたか。

私は、代作するときの手と自分の作品を書くときの手が違うのではと思いました。

右の耳(字)と左の(字)ってわけ。

「耳順=字潤」が出てきましたから谷崎潤一郎です。


あくまでも妄想ですが。





[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-11 15:35 | 詩・文芸 | Comments(0)

山頭火「ぐるりとまはつて」は谷崎か


山頭火の、

 ぐるりとまはつて枯山


前に「ぐるりとまはつて」を谷崎潤一郎のことと解釈しました。


以下にあります。

http://tamegoro.exblog.jp/28031975/


そうなると、この句


 ぐるりとまはつてきてこぼれ菜の花


これも谷崎のことと解釈せざるを得ません。

 潤一郎来て……たとえば、天才(転載)のホニヤララとかね。


「ダンス・ダンス・ダンス」の32章あたりが怪しい。


それはひとまず置いておきまして、はたして、山頭火と谷崎の接点はあるのか。

つらつらと考えましたら、深沢の「去年の秋」というラジオドラマ。

正宗白鳥の死について書いているように見せて、じつは「谷崎の死」について書いています。

「去年の秋」=小僧のオータム=小僧の逢ふた夢=「小僧の夢」


「仏教じゃなくアーメンだ」という記述がありました。

調べたら、谷崎の祖父がキリスト教だったらしい。

祖父ですから江戸時代の人でしょう。

隠れキリシタンは、明治になっても表立ってクリスチャンにならなかった人もいるようです。

想像ですが、全国的なネットワークが残っていたかもしれません。

「奥の細道」も、地方の弟子たちとの関係が、句仲間にしては親密すぎると感じました。






[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-01-30 17:53 | 古川柳・俳句 | Comments(0)

「写楽」と谷崎「春琴抄」


写楽のこの絵。

b0230759_11561098.jpg

最初はね、単純に色が鼠色だから「ネズミ舞」のシャレで「ネズミ」と解釈していた。

解読をすすめていくうちに、そんなに単純なわけないと「騎士団長」の声が聞こえてきた。(小説にこの絵は出てきません)

ははーん、左が「鼓」、右が「隠す」で「包み隠す」か。

「包み隠す」って何だ? 


このときピーンと、髪の毛が立った。

谷崎の「春琴抄」を「琴と笙」で「鼓」がないから「包み隠す」と推理したことを思い出した。

谷崎は当然、「写楽」の絵の意味を知っていた筈。

この絵からの発想かもと思ったのです。

ちなみにこの絵が表しているのは、

 鼓を隠す=琴笙=金傷=刀(武士)


そうなってくると「春」は東を意味しますから「問う」とも読める。

本当にただの推理ですが、

春琴抄=問う「琴笙」というクイズかもと思うのです。

答えが「包み隠す」。包み隠しているのは「真実」。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-12-17 12:20 | 美術 | Comments(0)

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」も気になる


「ノルウェイの森」が「細雪」だったとしますと、残りの谷崎作品について書いている小説が、あるのではと思っています。

 間違った読まれ方が定着してしまっている文学や美術が、村上春樹さんのテーマだと思われるからです。

 で、もう一つの谷崎が、

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

じゃないかと、タイトルで思いました。

「多崎」だけで「タが2つ」ですから「タニザキ」と読める。

俳句や和歌の解読をして来ましたから「つくる」の「くる」が怪しい。

クルッと回るという意味です。芭蕉の「転ぶ」と同じ。

「つ」が回る。「つ」=ツー=二。二が回る。立ち上がって「11」=ジュウイチ。

谷崎じゅういち=谷崎潤一

郎がありません。

「色彩を持たない」=透明=澄んでいる=朗

ほーら、谷崎潤一郎になったでしょ。

「彼の巡礼の年」は解りません。

全作品は膨大ですから、ある年代のものをピックアップしているのかもしれません。


と、すべて、題名だけからの憶測でございますが。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-11-27 18:19 | 詩・文芸 | Comments(0)

一人称の小説にご用心



 深沢や谷崎、村上春樹さんの小説を「解読」しましたらね、一人称の小説は要注意だと思いました。

「ノルウェイの森」は読んだ人も多いでしょう。

 登場人物たちの「自分語り」があちこちに出てきます。

 主人公が見たことや体験した事ではありません。

 インパクトがある描写に、緑さんが、父親の仏壇の前で、全裸でポーズを取るというのがあります。

 これ、主人公が見たわけではありません。

 緑さん自身が「語った」ことです。

 読んだ人の中には「こんな変なことをする女って、最悪」と思った人もいるのではないでしょうか。

 私も「最悪」とは思いますが、別な意味です。緑さん、父親が南米に行っているとウソをつきました。

 それが伏線でしょう。嘘つきというか、口からかなりデマカセが出る人ですね。

 仏前ストリップは、「やったこと」ではなく「やったと語られた」ことなのです。

 レイコさんの過去も、ぜーんぶウソかもしれないのです。

 小説は全部が作り話ですが、枠の中での真実はあるでしょう。それを分けて考えられないのが「人間の脳」の弱点だと思います。

 「Aが『BがCのことを○○と言った』と言ってたよ」なーんてことになると、もうダメですね。

 AかBにウソをつかせたら、読者は混乱してしまいます。

 これが「春琴抄」など谷崎の小説です。

 興味のある人は、深沢のポルカを読んでみてください。いろいろなパターンのお話が出てきます。

 何が書いてあるのか。ストーリーではなく、作者の意図。落語の「笑うポイント」みたいなところね。

 読解力のトレーニングにおすすめです。


 

 

 

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-11-26 23:07 | 詩・文芸 | Comments(0)

「細雪」を「細菌兵器」と読ませるワザ


 いまさらですが。

 自分で書いておきながら、「雪」を武器=兵器と読むのは納得できるとして、「細」だけでは「細菌」と読ませるのに、スッキリしない感じがずっとありました。

 
 その後、和歌や源氏物語や芭蕉などを、解読し、色々なテクニックを知り、目から鱗がぽーろぽろ、でございます。

 大昔からある「たのむ」「たぬき」「〜るす」とか、カエル=下戸とか、雪=武器もそうですね。こうゆうの以外に、新しいワザを生み出すのが「詩人」の腕だと思うんですね。

 中原は「奴」だけで「女郎花、また」と読ませて「フジバカマ」を表現した。

 今日ね、クロスワードで、殺菌と除菌の違いを調べていたら、ハッとしました。

 「菌」は肉眼では見えない。けれど、どこにでも付いている。本の表紙にも。

 潤ちゃん、参りました。

 細雪の細と雪の間にも「菌」があるのでございます。


 これ、村上春樹さんは、知ってたんだろうなあ。




[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-11-09 00:26 | 詩・文芸 | Comments(0)

「伊豆の踊子」を怪しむ


 川端康成はいろんな人に代作をさせていたという噂があります。検索してみたら、川端と三島の文体を比べてみた人までいるんですね。

 三島が「川端先生は文体を持たない」と言っていますが、強烈な皮肉に思えてきます。


 じつはね、「伊豆の踊子」を読んだとき、ものすごく谷崎っぽいと思いました。川端の他の作品はまったく読んでいませんし、その読んだもの自体が別の作家が書いたとしたら比べることができませんので、ただの勘みたいなものですが。

 勝手なことを言わせてもらいますとね、

 薫という名が「源氏物語」に出てきますが、男子です。薫が、女装した男子という設定なら、お風呂場でのシーンが納得いくのです。主人公が「なんだ、男か」と気づいた瞬間です。
 前に書きましたが、踊子は隠語で泥棒です。どうも、板の間稼ぎをしているように思えるシーンも出てきます。

 こういうトリックを仕掛けるのが谷崎流です。

 そして、谷崎の小説は必ずタイトルに答えがあります。

 「伊豆の踊子」=It's not 踊子。踊子じゃないよ、泥棒だよ。

 「村上かるた」のノリになっていますが、

 「伊豆の踊子」が谷崎の作品って、あり得ないことなのでしょうか。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-07-04 01:36 | 作家 | Comments(0)

「春琴抄」は「悪事抄」


 谷崎や深沢の創作の原点は和歌、ということに気づきまして。百人一首を解読してきましたが、大体、コツが飲み込めました。

 谷崎の小説は、すべてタイトルに答えが隠されています。「春琴抄」は、琴と笙があって鼓がないから「包み隠す」の意味かなあと思っていました。

 不完全です。和歌のテクニックからいくと「春」も絶対意味があるはず。

 春=はる=わる=悪。琴=事。これが正解でしょう。佐助はとんでもない悪い奴。悪事を隠すために「きれいごとの自伝」を書いた。悪党だけれども、文才だけはあったという設定でしょう。
 

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-06-12 23:07 | 詩・文芸 | Comments(0)

「細雪」に「細雪」が出てこないワケ。

 「細雪」とは「細菌兵器」のことだからです。 と、いうようなことを書いた本を出しました。 筆名は「そとばこまち」。

 えーと、今はババアですが、昔は美人だったという意味を込めました。先日、通りすがりの小学生男子に「何歳?」と聞かれ「十八」と答えたら「ころすよ」と言われちゃいました。

b0230759_14002206.jpg


 「細雪」は細かい章に分かれています。その一つ一つが、毒薬や毒を持つ生物、病気、医学や戦争関係のワードを表しています。

 上巻(九)「女中聞く」→除虫菊 
  (十五)「帰省中」→寄生虫
  (十八)「子ども生む」→カドミウム
 
 
 こんな感じです。上巻は「青空文庫」にありますから、興味のある人はそちらでご確認を。

 あまりに唐突すぎて、デタラメだろうと思っている人も多いと思います。じつはね、谷崎先生が三度現代語訳をしている「源氏物語」も、同じ形式の小説です。「源氏」をマネて書かれたのが「細雪」ってワケ。今、そちらの方も解読中ですので、乞う、ご期待。

 
 こんなのデタラメだ!というレビュー、お待ちしてまーす。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-06-12 02:14 | 日常 | Comments(0)