人気ブログランキング |

タグ:芭蕉 ( 94 ) タグの人気記事

芭蕉「雪見の句」つづき


前の記事のつづきです。



 いざさらば 雪見にころぶ 所まで



前半の意味を、大火を見に、または「見舞」と解釈しました。


芭蕉は隠密で、俳句が「暗号文」とすると、この句はどこに「秘密」があるのか。


大火を見に行ったとか、隠す必要ない。


となると「ころぶ所」が、秘密かなあ。


一体どこだよ!


「転ぶ」=転二=五 御所じゃない?


見舞いには「巡視」の意味もあるんだよね。





*追記 解ったゾ!



噺では、お酒を持って「犬」たちを見舞う。

「海賊〜」でも、遺族たちを見舞う。



「ころぶ所」→犬仲間の所



「ころぶ」=転二=五=下六=げむ=



勝海舟によると、いろいろな職業の人が幕府の「スパイ」だったそうです。


旅の誹諧師。山頭火のような人かな。船宿の主人もあった。違和感なく大勢の人と接して情報が得られるご商売の人なんでしょう。







by ukiyo-wasure | 2020-01-27 17:37 | 古川柳・俳句 | Comments(0)

落語「火事息子」まさか…芭蕉?


「火事息子」です。

この噺、あらためて聴いた。

何がテーマなのか、ちょっと解らない。

だから何?って感じ。


いろんな視点から、題名の解読を試みた。

悩んだ末に、ハッ!


「火事息子」じゃなくて「火事場息子」じゃね?


「場」がない。「場」消=芭蕉


芭蕉の有名なこの句。



  花の雲 鐘は上野か 浅草か



裏の解釈を試みたことがある。

「花」を「花札」と読んだ気がする。


「火事息子」関連で考えると、


  火事と喧嘩は江戸の花


「花の雲」とは「火事の煙」、鐘は半鐘!



ゴ〜ンじゃなく、カンカンカン〜


そういえば枕で、散々に威勢のいいこと言ってます



「錨を上げよ」第一章(5)がこの噺と読んでいた。


又三ちゃんたちが放火。

それで「火事息子」

そんな程度の読みでした。


今、読み直しました。

喧嘩も出て来ます。

そして、バイク。

なるへそねー、バイク→俳句。


公園での喧嘩。石でブランコの鉄柱をガーン。


この金属音が鐘の音かなあ……。






*追記 こんなこと書いてた。


「花の雲鐘は上野か浅草か」を裏読み









by ukiyo-wasure | 2019-12-20 02:10 | 落語 | Comments(0)

落語「そば清」やっぱり芭蕉は隠密だったか…


「そば清」やっと解った!


そば清


「そ」=鼠=利休(茶道)=

「ば」=

「シ」=四=下五=下こ=さ=三=

「青」=馬=ぼくぼく=ほく二=をくふ



*馬ぼくぼくわれを絵に見る夏野哉(芭蕉)



*粋=吸い ソバは吸って食べるし



  そば清=粋は身を食う




さて、めっちゃ気になるのが芭蕉の句


  馬ぼくぼく われを絵に見る 夏野かな



芭蕉=隠密という前提で考えると、


「そば清」の解釈から、

「ぼくぼく」=ぼくふ=を食う


「馬を食う」となる。

「われ」=芭蕉=隠密、つまり「犬」


「馬を食う犬を〜」


つづきは適当ですが、

「絵」=下い=甲斐?

「絵」=下い=飢え=飢饉?


「夏野」=たとえば「下の」=北(おく)山とか


 馬を食う犬を飢饉に見る北山かな




芭蕉ですからねえ、「馬」が何かのメタファーかもしれないし、解りません。














by ukiyo-wasure | 2019-12-19 00:42 | 落語 | Comments(0)

俳句の師匠「初時雨」は降りましたか?


知り合いに俳句教室に通っている人がいる。

「習い事」です。


ヒルネクレ者の私としては、俳句教室の先生に「古池や〜」のどこがいいのか聞きたい。


まあ、そんなヤボなことはしませんが。



さて、季節は晩秋となりました。



俳句の先生たちに聞きたーい。


「初時雨」は、もう降りましたか?





芭蕉の有名な句


  初時雨 猿も小蓑を 欲しげなり




「源氏物語」の昔から、日本文学はメタファーなのです。


初時雨って、ありえへーん!!


だって、雨はいつでも降る。



俳句のルールは、まったく知りませんが、全然納得できない。


●しだれていない「山鳥の尾」

●「初時雨」とは、いつ降った雨?

●芥川「蜘蛛の糸」は伸びるけど切れない。



国語のセンセー!どうです?










by ukiyo-wasure | 2019-11-17 03:15 | 古川柳・俳句 | Comments(0)

「秋深き」さらに深読み

「ペインレス」で曾良の句を解読したら、バッチリ「隠密」という結論。

ということは、芭蕉一門は全員がそうなのか。

と思ったりするのですが、全員の句を解読する根性なし!


「芭蕉は隠密だった」という本を書いている人がいるようなので、そのうち読んでみます。



 秋深き 隣は何を する人ぞ



深沢の「お笑い強要寄席」をきっかけに目からウロコだった句。



芭蕉「秋深き隣は何をする人ぞ」



昨夜なんとなく、芭蕉も「忍」だったのかなあ……と考えていたら、ピカッ。


「秋深き」=脛浮く=肢伸び=


屏風の向こうを覗くポーズ。

間違いなくスパイでしょ!


たしかに、ここまでの意味がないとタダのダジャレだし。




by ukiyo-wasure | 2019-09-12 11:05 | 古川柳・俳句 | Comments(0)

「花の雲鐘は上野か浅草か」を裏読み

東京、桜咲いてますねえ。

川の土手とか、あっちにもこっちにも桜桜桜……。これが、去年あたりから、植え過ぎだろ!!って思うようになった。


他の花の影を薄くしちゃっている感。


桜は、パッと咲いて二週間で散る。

潔さが、武士道などに通ずるから愛される。

そんなことは解っています。それに「国花」だし。

ところがね、古典文学を解読して行くうちに「桜」「花」は、その多くが、別のものの譬えとして使われていると知った。


「源氏」の「花宴」は「サ化」=酒です。

北斎の「桜に」=鬼


イメージが美しいから「表の意味」で多用されている。

それで自然と、桜桜……。


「安兵衛狐」のヒネクレ安さんのつもりで、芭蕉の有名な句。



  花の雲 鐘は上野か 浅草か



これにケチを付けさせていただきます。

芭蕉ですから、絶対に裏がある。たとえば、


花の雲=花下ひモクモク=花会2木=花会に来


鐘は=ボーンは=盆は

 *盆とは盆蓙=賭場のこと


上野か=上の=ね=根=こん=

 *狐とはサイコロ三つの博打


浅草か=朝サ早=丁半

 *サを横にして上にソ=半


ということで、 


  花会に来、盆は狐か丁半か


芭蕉なら、こんくらいするでしょ。



「鐘」つながりで、ついでに正岡子規の、


 柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺



柿食えば=かきくえば=「げこ」でなし

*「かきくけこ」の「けこ」が「えば」に


鐘が鳴るなり=そのまま

法隆寺=南都=何と?

 

 柿食えば 鐘が鳴るなり 何と?


うーん、「下戸」じゃないから「暮れ六つ」=くれ酒


*=上五=上戸=


どっちも、こんな解釈もできるということで。



by ukiyo-wasure | 2019-03-30 02:24 | 古川柳・俳句 | Comments(0)

芭蕉「行く春や」をさらに深読み


奥の細道、二番目(矢立の初め)の、有名な句です。


  行く春や 鳥啼魚の 目は泪


前に解読しました。こちら。
https://tamegoro.exblog.jp/27197201/


村上春樹さんの「ねじまき鳥クロニクル」が「奥の細道」について書いてあると読みました。

この句は、第3部4章と思われます。


昨日、この句の記事にアクセスが多かったので、「ねじまき鳥」を再読したら、自分の読みが浅いことに気づきました。

山頭火などを読み、キリシタンとの関係や、芭蕉がなぜ「金持ち」なのかとか、隠密説などを考え合わせると「奥の細道」は「商売」でやったのではと思えてくるのです。

「ねじまき鳥」に、ジャガーやベンツが象徴するもの=金持ちという表現があります。

句の裏の意味の「蝙蝠半纏と赤鰯」は商人の象徴です。

ウィキの絵を見ても、実際の格好でないことは明らか。

芭蕉が隠密だったのか、曾良が隠密で、芭蕉のコネと名前を利用したのかはわかりませんが。

「奥の細道」=意味は「臍曲り」ですし、よくよく読むと、わざわざ出かけなくても、江戸にいても詠めるでしょという内容。


酒飲みに安倍川餅とは腹立つなあ!(荒海や)


など、金のために渋々感アリアリ。

by ukiyo-wasure | 2018-03-17 12:17 | 古川柳・俳句 | Comments(0)

芭蕉「さまざまの〜」の謎


芭蕉の句、


 さまざまの事おもひ出す桜かな


本当に素直な、ひねりも含みもなさそうな句です。

こんなのでいいなら、私も俳句を作ってみようかしら。

と思わせる、山頭火の句みたいな、ほのぼの系。

ま、山頭火も大変なことを詠んでいるわけですが、この句も裏があるでしょう。



「国境の南、太陽の西」第8章と一致すると思われます。


やたらと「洋服」についての話題なのね。アルマーニだとか。



さまざま=様様。「様」が複数=様複=洋服


おもい出す=をも言いだす

桜=(梅の)弟=おとど。

おとど(大殿)は屋敷の主人への敬称であるとともに、貴婦人にも使うそうです。

島本さんに使ってもOKです。


句の方は探丸子さんのこと。芭蕉が、若い頃に仕えてい た故藤堂良忠の息子、良長の俳号です。



 洋服のことをも言い出す大殿かな


ここで悩む。洋服はストレートに洋服のことなのだろうか……。

by ukiyo-wasure | 2018-02-24 14:14 | 古川柳・俳句 | Comments(0)

芭蕉「たけのこや〜」は「雪舟の鼠」


「国境の南、太陽の西」の第1章はこの句と一致でしょう。


 たけのこや 稚き(おさなき)時の絵のすさび


この句は「雪舟」のことだと村上春樹さんの小説に教えられました。


稚き時の=長なき時の=和尚の留守に

絵のすさび=退屈しのぎに描いた絵


こうなりますと「たけのこ」「雪舟」のことでなければなりません。

どうすれば、雪舟が「たけのこ」になるのか。


悩みました。

ン十年前、コピーライター講座に通っていたとき「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいなものを作らされました。

「連想力」のトレーニングです。笑点の「謎掛け」も同じようなセンスを鍛えるためでしょう。


「たけのこ」から連想するものは色々あります。「国境の南、太陽の西」では「厚着」「重ね着」=大事に育てられている子=一人っ子とかね。

「皮をむいていく」という表現もありました。

ピンときたのが、島本さんのキャラです。周囲がからかったりしてはいけない、威厳のようなものを持っているらしい。


   孟宗か!!


謎が解けた瞬間です。


たけのこ=孟宗(竹)の子

「子」は当然、雪舟ですからネズミ。

もうそう=牛舟=節舟=雪舟


この連想のポイントは「もう」=「牛」


北斎もやっていました。



 雪舟の鼠 和尚の留守の 絵のすさび


絵=カイと読めば「いろは歌」の「い」の下で「ろは」=タダ


 雪舟の鼠 和尚の留守の タダの遊び



私も一句

 竹河や 季語は奇語かな ポンポコリン

by ukiyo-wasure | 2018-02-22 13:25 | 古川柳・俳句 | Comments(0)

「国境の南、太陽の西」 最終章は「蛸壺や」


ということで最終章は、

 
  蛸壺や はかなき夢を 夏の月


これも意味不明な句です。

でも、解りました。村上春樹さんのおかげです。


蛸壷=タココ タを七夕の夕と読む。七の下で六。

タココ=655=足すと16。

蛸壺や=十六夜


はかなき=若菜・記。

「源氏」の「若菜」は「我が名」で「光」。

すなわち「太陽・日」を表しています。

はかなき=日記


=「いろは歌」で「み」の上=身の上・身性


夏の月=夏の次=秋/秋がくる。飽きがくる。醜。臭。



  十六夜日記 身性 クサし


百人一首の「秋の草木の/飽きの臭きの」を思い出します。



小説では「十六夜清心」も入っています。十万円を盗んだのは、鬼薊くんってことで。


小説のラスト、引用します。

 誰かがやってきて、背中にそっと手を置くまで、僕はずっとそんな海のことを考えていた。


 誰だと思いましたか。

「ダンス・ダンス・ダンス」のキキではないでしょうか。

キキ=2キ=日記と読ませた章がありました。

五反田くんの手がキキの背中にある映画のシーンが、度々出てきました。

ハルキストの皆様、ぜひご確認を。


いずれにせよ、「源氏」が読めてないと芭蕉も其角も、村上春樹さんの小説も読めないということです。



さて次は「スプートニクの恋人」。さっきAmazonしました。

これは皆目見当がつきません。

まだまだ芭蕉が続くのか。

それとも、戦前戦後の文壇のインチキの暴露か。楽しみです。



by ukiyo-wasure | 2018-02-20 12:28 | 詩・文芸 | Comments(0)