タグ:百人一首 ( 182 ) タグの人気記事

懐かしの2chネタ「文系はアホ」


2ちゃんねる全盛の頃、結構「ニュー速」スレに行っていました。

10年以上前です。すっかり廃れましたね。

深夜から明け方に、面白い人たちが現れ盛り上がりました。

定期的に「文系は役立たず」というスレが立った。

そこで反論として「恋人同士の間に、確かに存在するけど物質じゃないものは?」みたいなことを書いていた。

いわゆる、クロスワードのカギ系です。

「愛ですね」と即答する人が現れて、意気投合しちゃったり。

と、理系代表が「お金だって何だって、観念はすべてそうじゃん」などと、反論してきました。

解ってないなあ。

「愛ですね」と即答。コレが「クドき文句」の極意なんだなあ。


……みたいなことを楽しんでいた。


時は流れ、今は、やっぱ「文系はダメかも」なのでーす。


古典等を解読して、三つの「文系ヤバいじゃん」


1、山鳥のしだり尾→枝垂れてないし

2、芭蕉の「初しぐれ」→「時雨」の初はどうやって決める?

3、芥川「蜘蛛の糸」→蜘蛛の糸は切れずに「のびる」


この国の文化、ヤバい!と感じました。


先日も家人と、昔、スポーツ新聞で「前日のプロレス」を写真入りで「タイトル奪取!」とかやってたよね。

アレは何だったの?

流血試合で心臓マヒで死んだお爺さんがいたし。

ガチだと思って見ていた?

今は「プロレス」はヤラセの代名詞



「ゆとり世代」も「さとり世代」も本当に賢いと思います。

情報に踊らされない。

どうせ宣伝でしょ。

学校で教えることなんて、そんなもんでしょ。

「百人一首」の解釈がウソでも別にビックリしないし。


すごい醒めているのね。頼もしい。

子どものときからネットを見ているから、情報の選別能力に長けている。

騙しにくい分、物が売れない。

ブランドを崇拝しない。

「ゆとり世代」のママと、銀座の小学校のアルマーニの制服の話をしたの。

「この暑さで制服着るとか馬鹿じゃん」と言ったら、

小学生のママの彼女は、



「だいたいアルマーニなんてチャラ男のブランドだし」



……だそうですよ、バブル世代の校長先生!






[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-09-30 02:56 | 詩・文芸 | Comments(0)

北斎が描いた「筑波嶺の〜」の真実


北斎「乳母が絵解き」です。


 13番・陽成院さん。

  筑波嶺の 峰より落つる 男女川
    恋ぞつもりて 淵となりぬる



学校では教えない、超パズルな解釈はこちら。
https://tamegoro.exblog.jp/27039941/


b0230759_23592019.jpg

よく見えないと思いますが、ポイントは人数。

男=9人。女=5人。

そして、
b0230759_23593372.jpg

赤ん坊がいます。

歌の意味は「法皇に難渋」でした。

法皇はたぶん、ほうおう=「負う坊」か「坊負う」


「難渋」に悩みました。

単純に考えると「男十」ですから、坊やを足せばそうなる。

あるいは、男女の大人が14人

「じゅうし」だから、前に「なん」と読むものがくればいい。


……と、散々に頭をしぼりました。

「難渋」に囚われていたのがマズかった。


  負う坊に人十四=法皇に忍従し


反乱・暴動など起こせないから、和歌に恨みを込めた。

ナルホド、難渋しながらも忍従ですね。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-05-15 00:11 | 美術 | Comments(0)

北斎が描いた「あわれとも〜」の真実


北斎「乳母が絵解き」です。


 45番・謙徳公。じつの名が藤原伊尹


  あわれとも いふべき人は 思ほえで
    身のいたづらに なりぬべきかな


学校では教えない、超難問パズル系解釈はこちら。



b0230759_13473058.jpg

アップでどうぞ。

b0230759_13470230.jpg

アップでもよく見えませんが。

お姉さんの手にあるのは「梭・杼」(ひ)、英語でシャトル。

実物はこちら。
https://ja.wikipedia.org/wiki/シャトル_(織物)



 杼(ひ)得手=肥得て


「得手」には「酒」の意味もあるそうです。

で、よく見ると「左手」に持っている。

「左」もまた「酒」の意味。

「杼を左手」と解釈しても「肥を得て」になりますね。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-04-25 14:00 | 美術 | Comments(0)

北斎が描いた「逢うことの〜」の真実


北斎「乳母が絵解き」です。


44番・中納言朝忠


  逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに
       人をも身をも 恨みざらまし



学校では教えない解釈はこちら。
https://tamegoro.exblog.jp/26890489/


b0230759_20024849.jpg


アップでご覧ください。
b0230759_20095421.jpg
木の穴から水が滴っている。

「水も滴る美男子」ですからね。

b0230759_20025630.jpg


狐がいっぱい。

これが「裏源氏」の「蛍」=「狐」です。

狐は「稲荷」と言替え可能。



 蛍が稲荷=負うたるが非なり




「世界の終りと〜」下巻(38)がこの歌でしょう。 
https://tamegoro.exblog.jp/27777174/
[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-04-23 20:12 | 詩・文芸 | Comments(0)

北斎が描いた「音に聞く〜」の真実


北斎「乳母が絵解き」です。



72番・祐子内親王家紀伊

  音に聞く 高師の浜の あだ波は
   かけじや袖の ぬれもこそすれ


学校では教えない、超ウケる解釈はこちら。


b0230759_22571062.jpg


木が流されているけど……

b0230759_22565906.jpg


 
 根ごとかな?=寝言かな






[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-04-16 23:04 | 美術 | Comments(0)

北斎が描いた「誰をかも〜」の真実


北斎「乳母が絵解き」です。


 34番・藤原興風


  誰をかも 知る人にせむ 高砂の
     松も昔の 友ならなくに


学校では教えないオトナの解釈はこちら。
https://tamegoro.exblog.jp/26847396/


b0230759_23243338.jpg

松が雪のようです。
だから、雪=ぶき=浮蟻=酒。

あるいは、寒松=燗待つ

と、最初は楽勝楽勝!でした。


でもねえ、「掌の小説」もそうなんですが、そんな解釈じゃあダメなんです。

北斎先生は、究極の「視覚+ワード」パズル作家です。

まさしく「酒飲み」という表現を探さなければ……。


結構難しかった。でも発見!

b0230759_23244242.jpg

お酒の燗をしているお姐さん、


  左利きでーす。


左利きとは「酒飲み」のことなのでーす!!

芸が細かいでしょ。




「羊をめぐる冒険」第4章(1)と一致でしょう。

冒頭、引用します。


一人の人間が習慣的に大量の酒を飲むようになるには様々な理由がある。理由は様々だが、結果は大抵同じだ。



ハードボイルドを翻訳したような文体で、じつは「和歌」って、最高にカッコいい!!!



追記

「搾取」が複数回登場。

「還元」=「管弦」を連想させるため?


[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-04-15 23:38 | 詩・文芸 | Comments(0)

「ちはやぶる〜」のための百人一首?


「百人一首」は、後世に残したい歌を、数万首(適当)の中から、精査して、たった百首残したわけですが。

心(裏)を知った今、思うのは、これを残すためだった?


 17番 在原業平

  ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川
     からくれないに 水くくるとは


 
   千=せん
   神=か
   竜=た
   唐=と
   水くくる=鵜


   戦禍たとふ


賄賂がどうこう、貧乏や飢え、陰謀で配流の恨みとかもあるでしょうが、普遍性を考えると、この歌だけあればいいって思っちゃう。

実際、落語になりアニメになり、作者の業平さんは伝説のイケメンとして残っている。もっとも有名な歌だし。

極端なことをいうと、他は添え物というかカモフラージュかも。


「羊をめぐる冒険」第1章もこの歌です。


定家先生の心や如何に。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-04-15 12:50 | 詩・文芸 | Comments(0)

北斎が描いた「嘆きつつ〜」の真実


北斎「乳母が絵解き」です。


53番・右大臣道綱母


  嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は
     いかに久しき ものとかは知る


学校では教えないオトナの解釈はこちら。
https://tamegoro.exblog.jp/26913349/


b0230759_23501644.jpg


女性の後ろにあるダラリの布は帳(とばり)です。


  後帳=五鳥



「羊をめぐる冒険」第8章(6)と一致すると思われます。

「明くる間は」ですが、ラークが出て来るのでヒバリかもしれません。

ヒバリは「日晴鳥」と書くらしい。

明るくなる感じはありますね。

「あくるま」=羽車=輿=五四=九=も捨て切れない。


いずれにせよ「鳥づくし」です。


鼠が、なぜランドクルーザーに乗らず、徒歩で出掛けたかですが、急な崖を下りたのでしょう。


一の谷の「鵯(ひよどり)越」みたいに。




[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-04-13 00:15 | 美術 | Comments(0)

北斎が描いた「滝の音は〜」の真実


北斎「乳母が絵解き」です。


55番・大納言公任。「和漢朗詠集」の編者です。


  滝の音は 絶えて久しく なりぬれど
     名こそ流れて なほ聞こえけれ



学校では教えない、超難問パズル的解釈はこちら。
https://tamegoro.exblog.jp/26865771/


b0230759_00124317.jpg

モヤモヤしてます。アップでどうぞ。

b0230759_00131776.jpg

霞だか煙だか、後ろが見えませーん。


  後が見れん=子が未練



こんな複雑なことするかなあ……と自信がなかったけれど、


「羊をめぐる冒険」第7章の(4)と答え合わせをしました。

羊博士と、その息子が「歌意」を表していると思います。

お持ちの方、ぜひご確認を。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-04-12 00:20 | 美術 | Comments(0)

北斎が描いた「わびぬれば〜」の真実


北斎「乳母が絵解き」です。


 20番・元良親王 

  わびぬれば 今はた同じ 難波なる  
    みをつくしても 逢はむとぞ思ふ


学校では教えない、超パズルな解釈はこちら。
https://tamegoro.exblog.jp/26811127/

b0230759_10543610.jpg

荷物を背負った人の「視線」の先です。
b0230759_10560479.jpg


カラーなのですが、肝心な部分が見えにくい。
画像処理してもコレが限界でした。
b0230759_10544681.jpg

ルーペで発見。
帯のオレンジ部分に「白で田の字」が入っている。


 帯内字=おみなえし



「世界の終りと〜」第23章と一致していると思われます。



側頭部の激しい痛み

頭の骨が割れるか欠けるかへこむかしてしまったにちがいない




「ひ」の右側が吹っ飛んだからでしょう。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-04-11 11:05 | 美術 | Comments(0)