人気ブログランキング |

タグ:源氏物語 ( 69 ) タグの人気記事

天皇家についての素朴な疑問

 もうすぐ新元号が決まります。

 色々予想があるみたいですが、私としては、音から入って「ゆうき」「げんき」なんかいいなあ。


 でね、2年前に「深沢のポルカ」から「細雪」の謎へ行き、「源氏物語」もメタファだろうって、解読したんだけど……。

「源氏」は和歌がたくさん出て来ますよね。

 それがぜーんぶ「裏の意味」を持っていた。

 そこで「和歌」っていうのは、学校で教えられたものと全然違うと気づき、「百人一首」を解読したりしたわけです。


 千年間には、戦争があったりして、一般国民は、文学なんかより「飯」「金」だったわけですね。


 それで、私のイメージでは、皇室は古代から連綿と続く「古典文学」の資料やら何やらをぜーんぶ持っていて、「古今集」の「謎の鳥」などについても、すべてご存知だろうと思っていた。

 古典に関しては、大学の文学部や国会図書館より「頼れる存在」だと。


「風流夢譚」にも出てくる、勲章をもらった「皇族に和歌を教える先生」がいて、一般国民は知らない、和歌の奥義を知っているはずだと。


 皇族の皆さんは学習院に行きますよね。


 学習院では「和歌」の真実を教えていない。


 家庭教師的な先生に「真実」を教えてもらうのだろうか。



 皇室は「古典文学」の守護神って感じがありますから。


 谷崎が「細雪」を昭和天皇に献上したのも、このあたりに理由があるのかなあって思っていた。



 今にして思うと……「源氏」を解読していたとき、「え?」となった表現があった。


 藤原氏の姫が出て来るシーンで、皇室(帝)と血縁関係はイヤなの?みたいな会話。


 たしかにね、紫式部にしろ清少納言にしろ、藤原氏の文化。


 藤原道長の横暴が「百人一首」にも登場しますし、凄い権力を持っていたみたい。


 天皇家は、南北朝に分かれてトラブった時期とかはありますが、和歌などの文化をずーーっと守って来たというイメージがある。


 それが、ここに来て、もしかしたら、古典文学の奥義は、皇室には伝わらなかったかもしれないって思えて来た。


「藤原氏」はどーなったんだろう?








by ukiyo-wasure | 2019-03-14 02:52 | 歴史 | Comments(0)

北斎「源氏物語」花の宴じゃない!

北斎「源氏物語」です。

これも構図が変!と前に書きました。



b0230759_12121804.jpg
官女がいるところは二階?

いったいどーゆう造りの屋敷だ?

解説はこちら。
b0230759_12092594.jpg

センセー騙されてまーす。

吹抜屋台の技法は解りますが、「床を高く」する必要ないでしょ。

これもトリックの一つ。


「花の宴」じゃなく「末摘花」=猩々だから。



  猩々=床上



猩々は架空の生き物ですが、簡単に言うと猿。


「源氏」の描写では「鼻が象みたい」


イメージとしてはテングザルです。


性質は「人間のマネ」をする。

b0230759_12374562.jpg
b0230759_12372372.jpg


同じ檜扇を持っているし。

 
  二扇=似せん



また、末摘花さんは、和歌を詠みますが、何かって言うと「からころも」を出して来る。


これに対して源氏は「やれやれ」感全開。



「唐衣」とはどうゆうものか。アップでどうぞ。

b0230759_12201233.jpg

このように、上に羽織るものなんだけど、この絵では「丈が長すぎる」。

正しい唐衣はジャケットサイズ。


 衣長い=ひ長い=鼻長い


そして、
b0230759_12341233.jpg
b0230759_12340269.jpg

「松と桜」の組み合わせ。


  松と桜=末と花=末頭花=末つむ花


★頭を「おつむ」っていうでしょ!

by ukiyo-wasure | 2019-02-22 12:43 | 美術 | Comments(0)

北斎「見立三番叟」来月の分?

北斎「見立三番叟です。

b0230759_14031087.jpg
解説はコチラ。
b0230759_14025679.jpg

ということですが、北斎ですから。

何か「意味」を込めているはず。

三枚セットは「持ち物」がポイントの場合が多い。

b0230759_14065949.jpg

右から「烏帽子」「扇」「鈴」


「烏帽子」を「帽」と読み、「扇」=「風」、「鈴」=「りん」=「林」で「防風林」。


当時もインフルエンザ(お染風邪)が流行しましたから、「防風邪林」ということで「おまじない」的な絵?


……とも考えたけれど、北斎さんのセンスと違う。


表が「しとやか」で「しゃなりしゃなり」の裏は、絶対にドーン!

強烈に落とす。


「三番叟」のタイトルでピンとくる。

「叟」はオキナ、爺のこと。しかも「ソウ」と読む。


ソウ=草=臭(くさ)


其角の「竹の屁」の句と同じテーマ。


「源氏物語」のオキナグサ=翁臭



 ・烏帽子=屁をし

 ・扇=あおいで

 ・鈴=りん=次らん=しらん 鈴ふり=知らんぷり


 
 屁をし、あおいで、知らんぷり


最後は迷った。

鈴ふり=金令ふり=奇麗ぶり、とも読めたし。


鈴=隣と読んで「隣ぶり」もオモシロイ。


「やだ、茅場町の宗匠ったら。いくらお名前がエノモトだからって…オホホ」



 三番叟=三馬叟=三まくさ=三女臭


*女=「海女」の「ま」



*最後に、追記訂正あり。




そして、この花、オキナグサでしょ。

b0230759_15052510.jpg


 

「オキナグサ」



*追記

オキナグサ……と、適当に書いちゃいましたが、この花の柄、北斎の着物に度々出て来ているのね。




*追記 2019.4.15


北斎は「ダジャレ」で終らない。

この絵も、もっと深い意味があった。

三人の「臭い美女」を「臭そう姿」=草双紙




「見立三番叟」を仕切り直して解読。


「見立三」=三川(立てる三)=三下八=三七=皆

か、三七=一九(十返舎一九)

当時大ヒットの「東海道中膝栗毛」です。


「番叟」=ばんそう=半蔵=伊賀者=いかもの



「見立三番叟」=皆いかもの

       =一九いかもの



*「いかもの」は如何物と書き、まがい物ってこと。


「膝栗毛」の後半は作者が違うという説があるみたい。
















by ukiyo-wasure | 2019-02-15 15:00 | 美術 | Comments(0)

北斎「樵夫と漁夫」両方右足!!

北斎「樵夫と漁夫」です。

b0230759_12584850.jpg

これも前の記事で変なところを指摘しました。

解説はコチラ。
b0230759_12585906.jpg

左の「漁夫」から。

足の指に注目。

b0230759_12591778.jpg

両方「右足」です。

 両右=漁夫

ってことです。ココから悩んだ。


りょうふ=両夫と考えると、


「貞女両夫に見(まみ)えず」が浮かぶ。


この絵はその反対。「両右に見える」です。


あれやこれや悩みましたが、最大のヒントがコレ。

b0230759_12590948.jpg

フジツボ?


ピカッ!


「源氏物語」の「藤壷」か!!!

最初の「桐壺」に出て来る。


桐壺帝が、光源氏の母である桐壺更衣が亡くなった後、そっくりの藤壷を側室に迎える。

光源氏の義理の母になる。

光源氏は母にソックリの「藤壷」にラブ!


ついに関係を持ち、藤壷は源氏の子を産む。

桐壺は知らない。……という、愛欲ドロドロの世界に。


ちなみに戦前、「天皇は神」の時代。この部分で「谷崎源氏」にクレームがついたとかなんとか……。


つまり、「藤壷」さんは「両夫に見えた」

そしてコレ。

b0230759_12591163.jpg

漁師なのに「鳳凰」を獲っている。

「裏源氏」で「桐壺」はトリカブトです。

烏帽子の鳥兜は「鳳凰」をかたどっている。





「樵夫」いきまーす。

b0230759_12590430.jpg

おかしな所は、刈ったものは「柴」ではなく「蘆(あし)」でしょ。

斧ではなく鎌を使う。

「樵夫」という題ですが「樵」だけでキコリ

「夫(斧/ふ)」はいらない。和歌のテクで「夫は棄」。

浮気? と、読みたくなるけど、これも「源氏」と考えるのが順当。


「浮棄」と読んで「浮き」「蘆」とくっつけて「浮橋」

「源氏」のラストの章「夢の浮橋」でしょう。

二枚セットで「源氏物語」の最初と最後。


こじつけですが、「うまそうに」タバコを吸っている。

「(たばこ)うめえ」をくっつけて、


「うめえの斧棄蘆」=「夢の浮橋」


そして遠くに山。

b0230759_12590723.jpg


剣岳と呼びたいような山です。

いろいろに読めますが、険=剣

「夢の浮橋」は「刀による死(戦など)」を表しているから。




by ukiyo-wasure | 2019-02-11 13:43 | 美術 | Comments(0)

「富嶽百景」ピンホールカメラ?


「富嶽百景」=「源氏物語」ということで、この絵。


b0230759_13554608.jpg

は、板戸の穴から光が入って、障子に「逆さ富士」。


ピンホールカメラの原理で、起こりうるのでしょうか。



「源氏物語」で考えると「蜻蛉」=「雀瓜」


どういうものか「スズメウリ」で画像検索を。


カラフルで、まるで「とんぼ玉」。



「蜻蛉」は「とんぼ玉」のこと。これが「雀瓜」そっくり。



雀瓜には毒がある。



「源氏」を解読していて、当時、すでに「ガラス」があったことに驚き。

はるか西方の文化が入って来ていたってことです。



ご存知、ビー玉には風景が逆さに映る。


右の絵はソレを表している。


は何でしょう。

「ガラス玉」から連想すると、


 奇岩=義眼



落語に出て来る「入れ目」です。


人間用とは限らない。ガラス製義眼は仏像などにも使っていたようです。



ちなみに「騎士団長殺し」では16章

『比較的良い一日』


比較的=若干=雀瓜


「瓜」を「かん」と読むのは、たとえば「冬瓜」。


「写楽」のこの絵。

b0230759_14110255.jpg

何のヒネりもなく、

b0230759_14110516.jpg

雀売=雀瓜

実方=じっぽう=七宝


七宝とは「金、銀、瑠璃、玻璃、硨磲、珊瑚、瑪瑙」など。



瑠璃=ガラス




by ukiyo-wasure | 2019-01-14 20:54 | 美術 | Comments(0)

「富嶽百景」どこが「室」やねん!


続けてコレ。


「騎士団長殺し」の子どもの名前が、女の子で「室(むろ)」ちゃん。


小説的には「相撲」関連と解釈しました。


が、発想の源はコレかなあ……。


「騎士団長」のテーマは「写楽=北斎」だし。

b0230759_22582235.jpg


「樒(しきみ)」=「源氏」の「手習」


右は「松越の不二」

「三保の松原」からの眺めで「三保」=「見本」


「式(手本)」を見る=シキミ


で、

「不二の室(むろ)」です。


美術系の人は、こうゆうの気にならないだろうな。

アップで。
b0230759_23080603.jpg


これは、はたして「室」ですか?

向こう側に抜けていますよね。

「室」というのは、こんなんじゃ……。

b0230759_23094399.jpg



「室」じゃなく「孔」が正しいと思いまーす。


 孔が人でビッシリ=孔密=木密=樒




*追記


「室」=むろ=無「ろ」


「いろは」「ろ」「いは」=


 不二の室=不二の岩



単なる「岩」ってことね。


なるへそ、「手習」といえば「いろは」だし。

さすが北斎です。









by ukiyo-wasure | 2019-01-13 23:45 | 美術 | Comments(0)

「富嶽百景」ダジャレ対決


この「富嶽百景」は4枚セットで「トリカブト」

「源氏物語」の「桐壺」です。

b0230759_21312214.jpg

b0230759_21313407.jpg

まずこの絵から。
b0230759_21351304.jpg

漁師に見えますが、籠の中に鳥!


普通の鳥じゃなく、どう見ても鳳凰


烏帽子の鳥兜は、鳳凰の頭の形です。



その右側。

b0230759_22225393.jpg

この「布」の運命が心配です。


飛んじゃうに決まってる。


   失す=うす=烏頭(うず/鳥兜の根)



下に行って、
b0230759_21405289.jpg

「波に千鳥」の構図です。


鳥がいっぱい


村上春樹さんの「騎士団長殺し」のイメージがピカッ。

あちらは「鳥(みみずく)が運動」=トリカブトでした。

これしかない!


 鳥が、うんと=トリカブト




このノリでいくと、

b0230759_21500945.jpg

こっちの鳥はカラスですね。


 烏とぶ=烏とう=烏頭




「騎士団長殺し」の方ですが、第6章49章トリカブト。


6章『今のところは顔のない依頼人です』

これだと思います。
b0230759_21544762.jpg


数年前、海外で発見された「肉筆」です。

注目。

b0230759_21545369.jpg

カンザシの先に「耳かき」が付いています。

これを「耳つく」と読む。そして「子」「絵」です。


  ミミズク声=ほうほう=鳳凰



この人物は誰か解らない。

「鳳凰」は「法皇」に変換されたりします。

キリスト教関連で「法王/教皇」を意味していたらスゴいな。




ついでに、49章『それと同じ数だけの死が満ちている』

b0230759_22142608.jpg

真ん中の女性と左は、母と息子です。


から、


「武士扇」「じーっと」「息子」


 続けて読むと「附子煎じ湯即死」


小説では文字通り「ブス」が登場します。



『それと同じ数だけの死が満ちている』とは、


  附子=ふじ=2・2=4=死



じゃないかと……。



by ukiyo-wasure | 2019-01-13 22:38 | 美術 | Comments(0)

「富嶽百景」ラストがスゴ!


「富嶽百景」=「源氏物語」ということで、


いきなりですが、ラスト。

b0230759_00144299.jpg

「蛇追沼の不二」


「源氏」アイテムで「蛇追い」とくれば「アヤメ」=「竹河」


芭蕉に「あやめ草足に結ばん草鞋の緒 」


邪気を払うといわれているけど「蛇よけ」にもなるらしい。


で、これが最終の一枚。

b0230759_00154245.jpg

「大尾一筆の不二」


大尾は、本当の最後って意味。


これも「菖蒲」の仲間で「杜若/かきつばた」

その心は、


  書きつ…バタッ!



いやいや、一人称で主人公が死ぬテクニックを思い出しました。


池澤夏樹「夏の朝の成層圏」


小説を書いている途中で「死ぬ」設定です。


後は高橋弘希さん「指の骨」。書いているのが幽霊/地縛霊


後どんな設定が可能でしょうか。


ボクは〜と書いて行って、ボクっていう名前だったとか?



by ukiyo-wasure | 2019-01-13 00:51 | 美術 | Comments(0)

「富嶽百景」あの世へようこそ!


笑っちゃいました。


b0230759_13140337.jpg

右は「兀良哈の不二」。日本じゃない。


  「唐人」=桃仁



何度も出て来ました。「胡蝶」=「桃」



桃仁は桃の種の中身で、青酸カリレベルの毒がある。





さて「左」「阿須見村の不二」


埼玉県に「阿須」という地名があるけど「阿須見」は実在しません。



のどかで平和そうな村でございます。


それもそのハズ、 


 阿須見=はすみ=蓮見



お気づきでしょうか。



落語の心中の決まり文句。


「蓮の葉の上で夫婦になろう」…なんて、雨蛙みたいな〜



阿須見村は、桃仁で「あぼーん」後に行くところ。


よく見ると池がありますね。おそらく蓮池

b0230759_13363524.jpg




阿須見は実在しないからいいけど、「伊豆の踊子」からとった「踊子号」とか……ここだけの話、面白すぎでしょ。


「お手回り品にお気をつけください」



それと和菓子に「胡蝶」とか「桐壺」とかも、超ブラックユーモア。




by ukiyo-wasure | 2019-01-12 13:35 | 美術 | Comments(0)

「富嶽百景」どこがウサギやねん!


はい、この絵です。

b0230759_12415821.jpg
『登竜の不二』


富士といえば「東海道」です。

五十三次、つまり宿場がある。


「とうりゅう」=宿=野兎(やと)



「源氏」の「松風」です。野兎病は平安時代から知られていたってこと。

「細雪」にも出て来ます。



「とうりゅう」から「宿」を連想したのは、村上春樹さんの「品川猿」を解読していたから。


「品川」=品川宿=逗留=登竜

猿=モンキー=門カギ


続けると「登竜門書き」


登竜門はA賞のことね。



by ukiyo-wasure | 2019-01-12 12:55 | 美術 | Comments(0)