タグ:村上春樹 ( 257 ) タグの人気記事

「スプートニクの恋人」第7章は「完全な遊戯」か


「スプートニクの恋人」は石原慎太郎さんの小説について書いているという仮説のもとに読んでいます。


第7章は「完全な遊戯」でしょう。


前の記事でご確認ください。


エーゲ海=映画会または映画界。


色は不自然で、細部はぎこちなかった。背景ははりぼてで、星は銀紙でてきていた。接着剤や釘の頭が目についた。


古い時代の記録映画のように〜



すみれの失踪の意味は。

瑠璃色は紫がかった紺。すみれ色は、青みを帯びた紫。

とても近い、紫系の色です。


「完全な」は「完全なる」の「る」がなくなっている。


 瑠が消えた=すみれが消えた


こんな意味かと。


電話の切れ方や雑音は、昔、映画のフィルムが途中で切れたりするイメージです。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-23 22:05 | 詩・文芸 | Comments(0)

「スプートニクの恋人」第5章は「処刑の部屋」か


「スプートニクの恋人」は石原慎太郎さんの小説について書いているという仮説のもとに読んでいます。


ところが、石原さんの小説は「太陽の季節」「完全な遊戯」の文庫本しか読んでいない。「スプートニク」は16章あります。

これはキツい。1、2章は解りましたが、3、4章は不明。

第5章でやっと、思い当たるものに遭遇。


「処刑の部屋」です。じつは映画の撮影というオチ。


前の記事でご確認を。
https://tamegoro.exblog.jp/27014787/



「処刑の部屋」から引用します。


横たわったまま、気を落ちつけるためにゆっくり十数えた。
「ーーー八つ、九つ、十」



「スプートニクの恋人」から引用します。

肺に新しい空気を送りこみ、目を閉じ、そこにある暗闇の中でゆっくりと数を数えた。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-23 14:41 | 詩・文芸 | Comments(0)

「スプートニクの恋人」のミュウはポケモン?


「スプートニクの恋人」が届きました。


小惑星の恋人=小学生の恋人=アニメ

という仮説のもとにパラパラしたら、さっそく目に飛込んだのがミュウという名前。

何ですかこれは。ポケモンですか。超ウケる〜。

すみれさんは「魔法使いサリー」で、すみれさんのパパはブラック・ジャックじゃん。


すみれさんのパパは、超イケメン歯科医の設定です。

引用しまーす。

彼は診療所ではキャップを深くかぶり、大きなマスクをつけていた。


マスクはともかく、歯医者さんは手術用のキャップをかぶる?


あくまでも、アニメ=「鱶女」ね。


茅ヶ崎の海辺の家が登場しますし、これはビンゴかな。




[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-22 16:39 | 詩・文芸 | Comments(0)

「スプートニクの恋人」ってアニメ?


ふっと閃きました。

「スプートニクの恋人」、まだ届いていませんが、これまですべて題名に答えがありました。

スプートニク=小惑星。

小惑星の恋人=小学生の恋人


ロリコンの話?


いやいや、恋人が小学生じゃなくて、小学生が愛している物のことでしょう。

で、浮かんだのが石原慎太郎さんの「鱶女」。

これが「ワニ女」と読んで「アニメ」でした。


ああ、イヤな予感……。





[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-21 02:13 | 詩・文芸 | Comments(0)

「国境の南、太陽の西」の第6章が「秋深き」


「国境の南、太陽の西」の第6章で、やっと出ました!

 
 秋深き 隣は何を する人ぞ


裏の意味はこちら。
http://tamegoro.exblog.jp/27062734/


小説の方では「気になって」尾行、喫茶店で様子をうかがいます。

最後、どうゆうわけか「お金」になる。


お持ちの方、ご確認を。


[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-18 19:43 | 詩・文芸 | Comments(0)

「国境の南、太陽の西」の第2章が「古池や」


「国境の南、太陽の西」ですが、超難しい!!

「奥の細道」は場所柄などから推理できました。

芭蕉の有名な句で「裏」を解いているのは「古池」「雪見」「秋深き」くらいのもので。


「国境の南、太陽の西」の第3章で、ここまでやるか芭蕉!状態。



たとえば「旅」

これを「足袋」と読めば、お足(お金)を入れるものだからサイフになるなあ……と考えたこともありました。


第3章はこの句だと思います。


  旅人と 我が名呼ばれん 初時雨


足袋=サイフ。当時ですから紙入れとか巾着です。

これが、キンチャクと読んで、「イソギンチャク」の「イソがない」とくる。

「急がない」人になっちゃうのです。


小説に出てきましたよね。「急がないで」と。

「我が名」とは芭蕉。と、行きたいところですが「松尾」の方。

「急がない人」ですから「待つ方」なのです。


状況は廓。吉原みたいなところ。

「時雨」も色々に化けます。四がグレて目。「初見」でしょうか。

花魁に初めて会うことです。

名前が「待つ方」だから、なかなか来ない。

落語でおなじみです。お金だけ払って朝まで来なかったりする。


小説の方は「菅原伝授手習鑑」も出て来る。

松尾ではなく「松王」です。

叔母さんの「手洗い(手習い)」を「鑑みて」イズミちゃんは脱出します。


本をお持ちの方、ご確認ください。








[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-18 02:59 | 詩・文芸 | Comments(0)

「ノルウェイの森」のインフルエンザ


インフルエンザが猛威をふるっています。

A型とB型、二回感染することもあるみたいです。

「細雪」にも登場しましたから、インフルエンザのウイルスも武器になるのかなあと思ったり。

前に「ノルウェイの森」=「細雪」ということを書きました。

ほとんどの人はデタラメか妄想と思っていることでしょう。


インフルエンザ(流行性感冒)は「細雪」では

中巻の第八章です。


 流れの中の精悍ボーイ=流行性感冒

 スペイン風の建物=スペイン風邪



「ノルウェイの森」では、


上巻のP145〜146


主人公は「流行静観ボーイ」です。

アドレセンス=青春=「青の時代」

「赤ん坊を抱くみたいな〜」はピカソの絵にあります。

スペイン風=スペイン風邪


お持ちの方、ぜひご確認ください。


余談ですが、細菌兵器はひっそりと気づかれずに撒かれます。

武器であることすら発覚しないでしょう。

これぞ武器。

我が軍は、こうゆう最強の武器を開発したぞ!などとは普通言わない。軍事上の機密。

大声で言うということは「言うことに効果あり」だからでしょう。

トランプさんの発言とかね。



[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-05 20:41 | 詩・文芸 | Comments(0)

「ダンス・ダンス・ダンス」の組織図


第33章に手書きの組織図が出てきます。

これも、皆さんどう解釈しましたか?

今、ふとね、組織=葬式かもと。

誰の葬式かというと芥川龍之介

「蜘蛛の糸」くらいしか知りませんでしたが、検索したらキリシタン物をたくさん書いてる。

芥川が死の直前に書いた「夢」という短文。これが、非常に恐い。

そのことについては後で書きます。



[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-02 11:58 | 詩・文芸 | Comments(0)

「ダンス・ダンス・ダンス」に行き詰まる


「ダンス・ダンス・ダンス」の第30章あたりから、困ったことになっています。

ハルキストの皆様、コレ、読めましたか。

六体の白骨は何を表現していると思いましたか。

私はこの小説は「山頭火」のことだと読み進めてきました。

ダンス×3で三踏歌

山頭火の句と照らし合わせて読んでいるからややこしい。

当然、すべてがメタファーでしょう。

山頭火の句もメタファー。

コレ、どーすんのよ。

第34章ね。戦前の文壇のことかなあと読みました。だって「事故の顛末」なーんてフレーズは、絶対、川端康成を連想しちゃう。

そんな時代、戦争に突き進んで行った暗澹たる世相を反映した山頭火の句をテーマにしているのか、はたまた、写楽=キリシタンみたいなことなのか。

わかりませーん。

そしてキキの「耳」の話です。

悩みましたね。コレが解けないと読んだことにならない。

「耳」について、あれやこれや考えました。

トルコ=土耳古。耳をルと読むなんて、辞書にないでしょ。

日本語は複雑過ぎます。暗号に使うなら最適ですけどね。

これは、半信半疑。自信はありませんが、ユミヨシさんの「スイミングスクール」の件が引っ掛かりました。


山頭火のこの句、



 寝ている猫の年とつているかな



寝ている=睡眠(スイミング)=随見ん。随とは「気まま」。

気まま=洒落=写楽


写楽のこの絵。背負っている箱の文字に注目。

「六十」が見えます。

「六十にして耳したがう」という慣用句があります。

耳=音=於菟(おと)。猫や虎のことです。

この絵は「虎」を表しています。

b0230759_03422332.jpg

山頭火の句は、写楽のこの絵を表していると思われます。

六十歳の猫ですから、年を…取り過ぎ!

うちの猫も長寿でしたが、最近19歳で死にました。

なぜこの絵かとゆうと、これ。

b0230759_03153760.jpg
さりげなく「十字架」です。



もっと混乱することを書きます。

この絵は「騎士団長殺し」の第11章と一致していると思われます。

お持ちの方、想像力全開でご確認ください。



2018.2.2 10:48 追記

何で気づかなかったのでしょう。

「六十にして耳したがう」は「耳順(じじゅん)」

 
 字、潤(潤一郎)

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-02 03:36 | 詩・文芸 | Comments(0)

「ダンス・ダンス・ダンス」第30章で足止め


「ダンス・ダンス・ダンス」の第30章、ハワイにいるところね。

山頭火の句と一致するということで読んでいましたら、小説の方がかなり「恐い」雰囲気になってきました。

繰り返し出て来る「非常に完全に死んでしまっている」とかね。

「伊豆の踊子」のこともあり、どうも、当時(昭和初期)の文壇の秘密が描かれている気がしてきたのね。

繰り返し読むと、うーん、先入観かなあ……川端康成なんですよね。

キキのあとをつける→「みづうみ」

白い骨→骨白い→「骨拾い」

足音→「人間の足音」

片腕のない白骨→「片腕」


川端の小説は全然興味なくて「伊豆の踊子」しか読んでいません。詳しい人が読めばハッキリするでしょう。

頼りはGoogle先生だけですが、妖気を感じたのが「みづうみ」。ウィキであらすじを読んだら、ある人の作品に似ている。ストーリーではなく形式が。

さっそくAmazonしちゃいました。

もう、いろんなことがこんがらがって、混乱しています。

山頭火の句の題材が、古典文学やら、写楽、放哉、当時の文壇など、どれを扱っているか読み取れない。

それと、キリシタン関係ね。

大昔からキリシタンネットワークがあって、句会や茶会が隠れ蓑だったとしたら、もう歴史ミステリーの分野ですから私の手には負えません。


[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-01-28 13:28 | 詩・文芸 | Comments(0)