タグ:川端康成 ( 20 ) タグの人気記事

川端康成「散りぬるを」の真相・その2


前に書きました。川端康成「散りぬるを」の真相
http://tamegoro.exblog.jp/28087781/

気になることがあって読み返しました。

トリックが入っていました。


「足がだるくなった」という、不自然な表現。

これは柿本人麻呂の「あしびきの」でしょう。

犯人とされる山辺三郎の供述「赤ん坊の声を聞いた」も唐突です。

夜泣き=「よ」無き

題名が「散りぬるを」ですし、「いろは歌」をチェック。

「よ」を取ると「わかたれ」「和歌誰」となります。


「あしびきの」の真相は「鳥づくし」でした。以下参照。


「足がだるい」=あしびきの=ホトトギス

「嘘よりこわいものはない」=ウソ


「真鳥」「カッコウ」「鴛鴦(おし)」が足りない。


 捨、真鳥カッコウ鴛鴦

 
  真撮り(の)格好をし



やっぱりエロ写真のモデルだったでしょ。

ますます、谷崎が書いた気がします。



ちなみに、このトリックに気づいたのは「国境の南、太陽の西」の島本さんを、なぜ足を引きずる少女にしたか。


第5章が芭蕉のこの句。

 うき我を淋しがらせよ閑古鳥


閑古鳥が、あしびきの〜の句では「ながながし」の「なが」が一つ余計だから「棄なが」=「気長」となる。


閑古鳥=気長=毛長(髪長)となり「女性」を意味します。


句の解釈は複雑になるので後ほど。

 

追記 2018.2.21

「散りぬるを」は太宰もあるなあ……と「ダス・ゲマイネ」を読んで感じました。
ずっと、文体が苦手で読む気がしなかった作家ですが、人気の理由が解りました。


[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-20 22:46 | 作家 | Comments(0)

「雪国」を書いたのは誰?


「雪国」には、スカシのように「源氏物語」が入っていると書きました。

やっぱりそうでした。

表では「澪標」「手習い」「鈴虫」「闇」などですが、裏の意味でも狐・ガマ・蛭・熊・雷などが目につきます。


そして、コレ。皆様、どう解釈しましたか。



「君はいい女だね」

「どういいの」

「いい女だよ」

「おかしなひと」と、肩がくすぐったそうに顔を隠したが、なんと

思ったか、突然むくっと肩肘立てて首を上げると、

「それどういう意味? ねえ、なんのこと?」

 島村は驚いて駒子を見た。

「言って頂戴。それで通ってらしたの?あんた私を笑っていたのね

。やっぱり笑ってらしたのね」

真赤になって島村を睨みつけながら詰問するうちに、駒子の肩は

しい怒りに顫えて来て、すうっと青ざめると、涙をぽろぽろ落した

「くやしい、ああっ、くやしい」と、ごろごろ転がり出て、うしろ

向きに坐った。

 島村は駒子の聞きちがいに思いあたると、はっと胸を突かれたけ

れど、目を閉じて黙っていた。

「悲しいわ」

 駒子はひとりごとのように呟いて、胴を円く縮める形に突っ伏した。

 そうして泣きくたびれたか、ぷすりぷすりと銀の簪を畳に突き刺

していたが、不意に部屋を出ていってしまった。




「いい女」を何と聞き違えたのか。


「海鷂魚(えい)女」でしょう。


「源氏物語」の裏読みでは、近江の君=アカエイです。

ペラペラと早口の女性。末摘花とならぶ、笑わせキャラです。

アカエイは刺されると極めて危険。


何を言っているのか理解不能な人がほとんどでしょう。

海鷂魚については「騎士団長殺し」で触れた気がします。

死ぬとアンモニア臭がする。


 小便臭い=青臭い小娘


このギャグのセンスは、じつに谷崎っぽいわけで……。


他にも「狐の嫁入り」という、まったくイミフな喩え。「狐」を出すためにワザとやったと思われます。

そうそう、霜柱を「寒天」に喩えたのも笑っちゃいました。


[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-14 17:50 | 詩・文芸 | Comments(0)

「雪国」の疑問


「雪国」から引用します。


 「なんだ、こんなもの。畜生。畜生。だるいよ。こんなもの。」と、いきなり自分の肘にかぶりついた。



自分の肘に噛み付くことは可能ですか。

無理と感じるのは、私のカラダが固いだけ?


まるでタコみたいに軟らかい駒子さんです。


 タコ=明石(源氏)なら納得。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-13 13:57 | 詩・文芸 | Comments(0)

「雪国」もオカシイでしょ。


山頭火や「ダンス・ダンス・ダンス」を解読していたらピンとくるものがあって、ウィキで「雪国」を調べたのね。

「唇をヒルにたとえた描写」が紹介されていた。

不自然でしょ。絶対「源氏物語」を入れているでしょ。

「太陽の季節」をウィキで調べたときも「香炉を投げつける」ですぐピンと来ました。


列車の窓のシーンですが、


つまり写るものと写す鏡とが、映画の二重写しように動くのだった。

登場人物と背景とはなんのかかわりもないのだった。

しかも人物は透明のはかなさで、風景は夕闇のおぼろな流れで、

その二つが解け合いながらこの世のならぬ象徴の世界を描いていた。


これぞ「源氏物語」の真相ですね。


「細雪」も深沢の小説の一部、そして村上春樹さんの小説のすべて。この手法で描かれています。

つまり、メタファー


「源氏物語」を解読したとき、谷崎源氏の他に、岩波文庫と新潮の古典集成をテキストに使いました。

すべて古書です。岩波文庫には書き込みがかなりあって、人物の関係を覚えようとしているものでした。

同一人物でも、章によって呼び名が変わるからややこしい。

私は全然覚えていない。無意味だからです。

国文学科の学生さんとか、源氏の人間関係を覚えようとしいてる人がいるかと思うと気の毒です。

そんなこんなで「雪国」。借りてきましたが、買うことにしました。

マーカー引いたり、付箋、書き込みするからです。

解読します。覚悟しろ!「雪国」。


「夜の底」ですでに、鼠・牛・虎あたりが出ている。

たぶん鼠(子)だろうと思う。根拠は後で。

小説では、三時間前が「夕景色」ですから、リアル深夜ではない。



介護する娘=身を尽くし=澪標。 指の匂いを嗅ぐ=匂宮

これが川端作品なら「みづうみ」は違うでしょ。

同じことを二回もしないでしょ、普通。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-12 14:17 | 詩・文芸 | Comments(0)

「片腕」も悪趣味


これも「眠れる美女」同様、ただの悪趣味としか思えなかった。

二十年も前に書かれた「散りぬるを」が、誰にも真似のできないような、人の心の美しさを書いていながら、こりゃあ何だ!なのです。

こうゆうリアリティのないグロい設定なら、せめて笑える場面を入れて欲しかった。

誰が書いたんだ。へたくそ。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-10 12:09 | 詩・文芸 | Comments(0)

「眠れる美女」は読めなかった


「眠れる美女」は全然面白さが解りませんでした。

じつはね、「眠れる森の美女」の「森」がないから、森=針呑むで「ウソをつく」というオチかなあと期待して、だらだらした文体を我慢して読みました。

なーんだという結末でしたね。

美女たちは、じつは眠っていなかったというオチを期待していたのに。

超タイクツで、超どーでもいい話だと思いました。設定が漫画みたい。



追記 2018.2.21

「眠れる森の美女」の「森の」がないから、「森の消」=「心の症」なら解る。爺さんたち、肉体の健康ばっか心配しているけど、心が病んでいるって気づけよ。……ってこと?

となると「片腕」は「かた茹で」=ハードボイルドですか。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-09 02:04 | 詩・文芸 | Comments(0)

太宰の「芥川賞おねだり」で思う事


川端康成大先生には、まったく恨みはございませんが。

元はといえば深沢を深読みしたせいです。

もうね、何でここまで川端康成を嫌うのかと疑問でしたから。


今、何となく解ってきました。

相撲界や芸能界もそうだと思いますが、日本って、たとえば力士を夢見てプロになるには、相撲協会しかないでしょ。

能力はあるのに、その組織自体が嫌になったらやめるしかない。

昔の文壇も、ごく限れた狭い世界で、そこにボスだかドンだかがいたんでしょうね。

新人が世に出るためには「先生」について、代作もして、ご機嫌を取ってやっとデビュー。

葉山の本を読むと、プロレタリアの方でも代作問題が出ている。同じ号に同じ作家が2作はマズいから、別の人の作品にするとか便宜上もあるのでしょう。

パズル雑誌でも、同じ人なのにペンネームを三つに分けたりします。


太宰の話ですが、これから解ることは、

●川端康成に芥川賞の決定権があった。

●太宰には、川端にそう言える事情があった。

 考えられるのは「代作」をして、その作品が世間に評価された。

なのに、あのような断り方をされたら、そりゃあ殺意を覚え、小説を書くのが嫌になると思う。


今にして思うと、深沢の書いた物の端々に「え?」ということがありました。

「楢山」で賞をとった後も、作品を武田だったか白鳥だったかに見せている。

つまり、今までずーっと、そうやってきたということ。

出版社の編集者ではなく、先輩作家に持って行っている。

もう一つは「嶋中事件」の「風流夢譚」が、出版社ではなく三島の手許にあったということ。

当時の文壇の事情が垣間見えます。

もっとありますが、続きは後で。



[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-04 12:31 | 詩・文芸 | Comments(0)

川端康成「みずうみ」はやっぱり変


「みずうみ」をもう一回読みました。

若い人が書いたような雰囲気です。

「太陽の季節」より、もっと新人っぽい。

「伊豆の踊子」の方が、完成度の高い老成した文章だと思います。

それと「源氏物語」が散りばめられていると書きましたが、どうも一部が抜けている気がします。

「明石」「若紫」など、見落としなのでしょうか。


あくまでも「感想」ですが、

「源氏」を仕込み、ある部分からが「夢」という構成にしてあった気がします。

仕掛けを知らない誰かが、単純に「直した」感。

ガタつきが半端ない。


あくまでも「感想」ですが、

深沢が書いて、仕掛けに気づかない三島が手を入れた感じ。


水虫もウケましたが、

「裏源氏」の1アイテムがトリカブトです。

狂言でおなじみ、別名「ぶす」。

ラストの長靴の女が、コレを表しています。

徹底的に「みにくく」書いていますね。

笑っちゃいました。



追記 

「明石」は赤子ですね。だっこ=タコかと。

こうゆうノリ、まるで村上春樹さん。



[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-03 02:40 | 詩・文芸 | Comments(0)

川端康成「みずうみ」の怪


川端康成の「みずうみ(みづうみ)」をさーっと一読しました。

まったく、村上春樹さんの小説を読んでいるような気になりました。

同じ形式の小説です。

「源氏物語」を盛り込んでいます。当然、裏の。

だいたい「水虫」って何ですか。ウケます。

蛍狩りがあって狐、篝火=蜘蛛の巣、牛に蝙蝠……。

太宰の「富嶽百景」から何作品目でしょうか。

1954年の作品ですか。うーん、悩ましい。

これが、本当に川端康成が書いたものなら、「伊豆の踊子」もご本人の作品でしょう。
そうなると、すべての作品が谷崎や深沢のような「仕掛けもの」になります。

ずっと疑問でした。川端康成は「源氏」や芭蕉について語っていますが、裏の意味が読めていたのか。


「みずうみ」を書いたとして、数年後に芥川賞選考委員で「太陽の季節」を読んでいる。

同じことをしていると解ったはず。

いやいや、その前に「富嶽百景」で太宰がやったことを再びやる?

作中に「代作」というワードが出て来るし……。

代作だとしたら、時代的に、谷崎はもうしないでしょうから、考えられるのは深沢かなあ。

つまり、代作はしたけど自分の作品だゾと「すかし」を入れている?

タイトルを直されていないなら「みづうみ」もヒントになるでしょう。

あと二回くらいは読まないと何とも……。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-01-31 17:09 | 詩・文芸 | Comments(0)

「ダンス・ダンス・ダンス」第30章で足止め


「ダンス・ダンス・ダンス」の第30章、ハワイにいるところね。

山頭火の句と一致するということで読んでいましたら、小説の方がかなり「恐い」雰囲気になってきました。

繰り返し出て来る「非常に完全に死んでしまっている」とかね。

「伊豆の踊子」のこともあり、どうも、当時(昭和初期)の文壇の秘密が描かれている気がしてきたのね。

繰り返し読むと、うーん、先入観かなあ……川端康成なんですよね。

キキのあとをつける→「みづうみ」

白い骨→骨白い→「骨拾い」

足音→「人間の足音」

片腕のない白骨→「片腕」


川端の小説は全然興味なくて「伊豆の踊子」しか読んでいません。詳しい人が読めばハッキリするでしょう。

頼りはGoogle先生だけですが、妖気を感じたのが「みづうみ」。ウィキであらすじを読んだら、ある人の作品に似ている。ストーリーではなく形式が。

さっそくAmazonしちゃいました。

もう、いろんなことがこんがらがって、混乱しています。

山頭火の句の題材が、古典文学やら、写楽、放哉、当時の文壇など、どれを扱っているか読み取れない。

それと、キリシタン関係ね。

大昔からキリシタンネットワークがあって、句会や茶会が隠れ蓑だったとしたら、もう歴史ミステリーの分野ですから私の手には負えません。


[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-01-28 13:28 | 詩・文芸 | Comments(0)