タグ:写楽 ( 60 ) タグの人気記事

「マチネの終りに」に北斎・写楽が見えた!(その7)

最後、第八章「真相」です。
b0230759_11265190.jpg
写楽の、この絵だと思います。
b0230759_12271263.jpg

写楽ですから「源氏」「紅梅」を表している。

「紅梅」は「黄梅」=ロウバイ。毒があります。


少女はなぜ隠れているのか。

子育て観音坊のオッサンが恐いからです。

「こわい」=紅梅=ロウバイ


小説の方は、初めの方でケンがゾウさんについて「こわい。」と答えている。

早苗が洋子に「イエスとマリアとマルタ姉妹」についてどう思うかとカラむシーンがある。


「子育て観音坊」というムサいオッサンですが、本当は「子育て観音」といえばキリシタンたちの「マリア像」です。

だから冒頭で「ゾウさん」が出て来た。

それと、友人のギタリストが引退して実家の「仏壇屋」を継ぐというエピソード。よりによって「仏壇屋」……。

隠れキリシタンは仏教徒のフリをして、仏壇内「子育て観音像」を祀るからでしょ!





「真相」は色々に読めるので迷いましたが、

「こわい」にポイントをしぼると、


「真相」=じんそう=人相?



この絵は、「騎士団長殺し」では61章という読みをいたしました。



*追記 

感想ですが、

「日蝕」読んで次にこの作品読みましたが、「日蝕」を「三島調」とすると、コレは「春樹調」。

文体だけでなく曲名などの固有名詞が次々出て来るところも。


作中の「この素晴らしき世界」が、「この春樹らしき世界」と、見えてくるのでした。








by ukiyo-wasure | 2019-03-19 12:50 | 詩・文芸 | Comments(0)

北斎の人物は「足首(関節)」が柔らかい!


ずーーっと北斎の絵を見ていますと、特徴が目につく。

村上春樹さんの「やれやれ」や「結び目」と同じように。

初めは、「コレがポイント」?と悩みました。

実際に、この恰好できるの?と自分でやって鏡に写してみたり。


「乳母が絵解き」の部分から、こんな感じ。

b0230759_15072200.jpg

後ろ向きで、この「足」はOK?

b0230759_15072093.jpg



でね、「写楽」にもあるんだなあ、これが。

ほら!!

b0230759_15071791.jpg


by ukiyo-wasure | 2019-01-11 15:10 | 美術 | Comments(0)

「写楽」と「北斎」キセルつながり


「富嶽百景」の解読、2/3まで進みました。


『山気ふかく形を崩の不二』という絵、これも「写楽」と共通のネタ!

「源氏」の「紅梅」=「黄梅(ロウバイ)」です

b0230759_14170559.jpg
とても見づらいのですが、アップで。

b0230759_13585122.jpg

右のキセルが長いでしょ。これが「ラウ倍」=「ロウバイ」です。



「写楽」ではコレでした。

写楽の「紅梅」キセルに注目



もう、絶対に写楽=北斎!



「富嶽」ではこんなふうに二枚セット。

b0230759_13585402.jpg



ついでに「左」の解説。

b0230759_14013587.jpg

『郭公の不二』


カッコウは閑古鳥です。「のどかー」なのです。

この男性、悠々自適の「閑人」と見た。


 閑人=韓人


韓人は、古代の言い方で、朝鮮半島の人です。たしかに、着物が「和風」じゃない。


閑人と韓人、両方を表現しているのね。


もう、すべてはGoogle先生のおかげ。


韓国に「黄梅山」があって、私は知りませんでしたが「無学大師」という有名な人が修行した山だそうです。

by ukiyo-wasure | 2019-01-11 14:20 | 美術 | Comments(0)

超超超難問!「写楽」


ということで、この2枚。

b0230759_16580703.jpg

こうゆうのは困る!

何がポイントかさっぱり。

二人とも刃物ギラリ、物騒な雰囲気です。

悩んだ結果、こうなりました。



抜身=「まみむめも」から「み」を抜く

すると「まむ」

「まむ」と「まむ」で「まむ二」=マムシ

「ニ」は「じ」と読むケースが多い。

二も四も「し」になるからややこしい。


で、この絵は「蛇」……だと思う。


「源氏」の「藤袴」です。

by ukiyo-wasure | 2019-01-09 20:46 | 美術 | Comments(0)

超超難問!「写楽」


これはもう、激ムズ!


b0230759_16480828.jpg


真ん中の、何やら「悪そう」な輩をどう読むか。

借金取りなのか、ゆすりたかりの類か。

いろいろ考えた。

行き着いたのが「テコでも動かんぞ」「テコ」。

定番のセリフです。



左から「酒」「てこ」「吸い」



  酒で午睡=笹で午睡=虎




虎=「源氏」では「若菜・下」です。




*余談ですが、酒のことを「笹」っていうでしょ。

辞書では「中国で酒のことを竹葉というのに基づく」とありますが、



ささ=三三=六=上五=上戸


じゃないの?



雪=「六つの花」も、結晶が六角形とかいうけど、


 大昔に顕微鏡で見たのか!!



=ぶき=浮蟻=酒の異称

六=上戸

=サ+化=さけ=



「六つの花」は、雪は雪でも「酒」のことだと思いまーす。

「百人一首」でも「雪=酒の意味」があったし。



「ま、六つの花でも、おひとつ」

「……うん、美味いな。君の酌だとついつい…」

「ホホホ、になっちゃイヤでありんすよ」









by ukiyo-wasure | 2019-01-09 18:14 | 美術 | Comments(0)

超難問!「写楽」


この2枚セットの絵は「騎士団長殺し」に出て来ません。

だから「答え合せ」ができない!

b0230759_13164279.jpg

写楽は「どっか変」なところが作品のテーマのことが多い。


目につくのが「左」バサバサなびく髪の毛



「右」は変な所はない?


当時の事を知りませんから、どこが変か、解り様がない。


けれどもです!


着物が変じゃね?


じつは、他の絵で「手が変」=「手偏」というのがあった。



  衣が変=衣偏



そうなると「左」は岩手御前で「奥様」です。



 衣偏に奥=襖


「ふすま」とくれば「のぶすま」=「野分」?


と、なっちゃいそうですが、ここで「バサバサ髪」が主張する。


「襖」は、何と「あお」と読むのでした。



誰が知るか!


バサバサ髪は、風にたなびく「たてがみ」ヒヒーン!


 襖=あお=青=馬 



「源氏物語」では「幻」






by ukiyo-wasure | 2019-01-09 13:36 | 美術 | Comments(0)

「写楽」の「スバル」


「スバル」のことを書き忘れました。

「騎士団長殺し」に出て来る「スバル・フォレスター」


「ダンス・ダンス・ダンス」山頭火のことではないかと思い、山頭火の句の解読を試みた。

じつは違っていたけどね。


この人の句も其角同様、ファンは多いけど、誰にも読めていない感がある。

まったく実景でないかも知れないゾ、なのです。

それと、キリスト教の匂いがする。


山頭火の「すばる」


この相撲絵は「騎士団長殺し」の第1章


剣のポツポツが単なる模様なのか……。


ちなみに表紙の剣。白いポツポツは偶然?

b0230759_02014649.jpg

いやいや、謎が多くてキリがありません。


「ダンス・ダンス・ダンス」キキの耳も、ずーっと謎が解けなくて気になったままです。

by ukiyo-wasure | 2019-01-09 02:07 | 美術 | Comments(0)

「騎士団長殺し」(64)最終章「室」の意味は


「騎士団長殺し」(64)最終章です。


b0230759_17220131.jpg

手に持っているのが「墨入れ」で「スミレ」。


「源氏」の「梅枝」です。



この絵、じつは別の読みをしていました。

持っている袋がポイントだとは睨んだ。

何を入れる物か調べた。「墨入れ」ならバッチリだった。

解らなかったのです。

巾着にしては、両方に口がある。

そこに着目して「蛭」かなあと思っていた。


なーるへそ!と今納得です。

やっぱ、其角登場。


 よき衣(きぬ)の ことに賤しや 相撲とり


「梅枝」=「梅」の枝部分=毎(いつも)=出雲=相撲


スミレは別名「相撲取り花」


ややこしいでしょ。


だから、句の意味は


 良き絹の ことに賎しや 墨入れかな



詩人(俳人)が立派な墨入れを持っているのはじつに「ダサイ」ってことでしょう。

高級万年筆を使っても文章は上手くならない。



小説の方です。

『恩寵のひとつのかたちとして』


恩寵(おんちょう)=音調


ちょっと前に、スカシで出て来ました。


ビオラです。スミレの品種と楽器が同名。


2011年の震災の話になり、前に福島で出会い肖像画を描いた「白いスバル・フォレスターの男」が出て来ます。


この絵です。

b0230759_17221190.jpg
この人は、
b0230759_17220538.jpg

で、「墨入れ」を持っている人は、
b0230759_17220805.jpg

同じ人


ユズの娘の名前が「室(むろ)」。


うーん、悩みました。

室生犀星の「うさいせい」が無いから「うざいぜ!」と「しゃらくせい!」が関係しているみたいな……。


が、ここでポイ!


最後は「理屈」を捨てるというのが村上春樹さんのセンスの気がする。


  室=部屋=相撲部屋



「まだまだボリュームはじゅうぶんじゃないけど、それなりに大きくはなった」とまりえはこっそり秘密を打ち明けるように言った。彼女は自分の胸の大きさについて語っているのだと理解するまでに、少し時間がかかった。


b0230759_17462833.jpg

力士はなるほどオッパイが女子なみ。


前にもどっかで書きました。

この化粧回しの文字

左から読むと、

「山」の下=「ま」、「童」の下=「り(里)」


「まりお」と読める。

発音微妙に変えると「まりあ」

「まりお」「まりあ」「まりえ」も、似た様な感じです。


そうそう、コレ。

b0230759_17553587.jpg



b0230759_17554071.jpg



ということで、オシマイ。

by ukiyo-wasure | 2019-01-07 18:09 | 詩・文芸 | Comments(0)

「騎士団長殺し」読了!神レベルの作品です


今朝は、森田童子の言葉を借りると「奇跡の朝」でした。


「騎士団長殺し」=「写楽」について書いていると、解読して来ました。


昨日、残りが63と64章に。

「源氏」アイテムは「空蝉」と「梅枝」が残った。

バッチリでした!



63章「空蝉」=アオギリ(転落死)

64章「梅枝」=スミレ


そして、この2つの章には、ずっと気になっていた「キリシタン」が登場。


ユズの妊娠と出産、父親が解らないという設定、これがキリストを思わせる。


では63章。

『でもそれはあなたが考えているようなことじゃない』


b0230759_13264872.jpg

この絵がなぜ「空蝉」で、意味が「転落死」なのか。


「源氏」を解読していて「へぇ〜」でしたね。

ネットがあるから、私みたいな無知な者にも解読できた。


「空蝉」=蝉の抜け殻は、なぜかアオギリの下に多い。蝉さん、アオギリが好きなのでしょう。

でね、アオギリは高木になるけど、折れやすい。危険だから登ってはいけない。

ボキッ。あ〜れ〜、転落死しちゃうのです。


「源氏」では、「空蝉」を転落死体にたとえている。

よーく読んでみてね。学校で学んだことはポイ!して。


絵にもどります。


  多貝=高い



手(袖)の恰好が「登っている」イメージでしょ。



『でもそれはあなたが考えているようなことじゃない』


 想定外=袖交い(袖階)

b0230759_14041702.jpg



ここからがスゴい。写楽の絵は、多くに「十字」が入っている。

二本の刀は不自然な程「十字」にクロス

この絵では、これでしょう。
b0230759_13384500.jpg

紫式部の時代は「キリシタン」という言葉はなかったでしょうが、「アオギリの下の空蝉」は、つまり……


 桐下=キリシタン


小説の方では、神殿、綱渡り、開かずの間、防火金庫のように(アオギリ=防火林)とメタファーがいろいろ出て来ます。

ここでフト、其角のこの句。


  桐の花 新渡の鸚鵡 不言(ものいわず)


「桐の花」を、下を向いて咲くから「桐枝垂」=キリシタンと読んだ。


新渡の鸚鵡=信徒の法務



今ならシンプルに「桐の花」=桐花=桐下=キリシタン


雨田具彦の死について、

九十いくつまで生きたし、さんざん好きなことをして生きた人だから、きっと思い残すこともなかったんだろうな」と政彦は言った。
 いや、彼には思い残すことがあったのだ。とても重い何かを彼は心に抱え込んでいた。


北斎のことでしょう。


写楽(北斎)、芭蕉、其角……「源氏」つながりですが、これがキリシタン繋がりもあるなら、「源氏」と「キリスト教」は何かあるのでしょうか。

キリスト教=西洋です。「写楽」の絵は西洋人が発見したようなものですし……。



北斎晩年の雅号「卍」の謎です。


 騎士団長殺し=判官殺し=ハーケンクロイツ


ということで「騎士団長殺し」は文学を超えた、暗号で書かれた秘密文書みたいなもの?


最終章については後ほど。


by ukiyo-wasure | 2019-01-07 14:51 | 詩・文芸 | Comments(0)

「騎士団長殺し」(44)其角か!!

「騎士団長殺し」(44)

戻って解釈披露させていただきます。

なぜ戻ったか。

60章をすぎて「狐」が出てこなかった。

どっかで間違えたなと、チェックしたのです。

この絵。

b0230759_14175217.jpg

最初ね、楽勝だった。

ああ、左褄=芸者=猫=だ。

虎=「若菜・下」です。

他を解読しているうちに、写楽(北斎)がこんな単純なことをするわけないと気づいた。

左褄=「さつま」と読んでみた。


すると、「眉毛」ですよ。

何で「ぶっといの?」絶対変でしょ!


むむ、もしかして「さつまいも」の形?


「左褄妹」=サツマイモだし



ちなみに普通の眉はこんな感じ。

b0230759_18041962.jpg




ここからですよ。


つい先日です。其角の句で「榎本」=「屁のもと」

この絵は「其角」に関係してる?


「源氏」「芭蕉」に通じていますから、当然、其角の句はぜーんぶ「お見通し」でしょう。

脇の説明です。

b0230759_13391160.jpg

「道成寺」といえば「蛇」

其角といえば「酒」「貧乏」「借金」ですから、

「お足がない」=蛇


こういう読みをしていました。


小説の章のタイトルが

『人がその人であることの特徴みたいなもの』


 癖=臭せーっ


これでバッチリ!としていた。


甘かった! でなく、でもなかった。


 草の戸に 我は蓼くふ ほたる哉



「源氏」の「蛍」==稲荷=居なり=居候


蓼くふ=立ち退きを食う


この句を解読していたとき、其角は芭蕉と同居してたことがあるのか気になった。

他にもあるのです。早起きして「妻」みたいだとか。

ネットで調べた限りでは解らなかった。


この句に対して芭蕉の返し


 朝顔に 我は飯くふ をとこかな


朝顔=飢饉。 飢饉にも飯が食えるほどの収入があるから、気を使うなってことかと。


「源氏」ネタへの返しが「源氏」。


小説の方にバッチリ出て来る。傍点付きです。


免色は私にとっての良き友人ではないということなのか?


ドストエフスキー「悪霊」の登場人物ではステパン居候らしい。


まりえが狐になっていますね。


「秘密の通路」とか、子どもの頃から「猟場」だったとか。


お持ちの方、ぜひ狐を意識して読んでみて下さい。


写楽はヤバい。

其角=貧を連想すれば「馬」にもなっちゃうのでした。














by ukiyo-wasure | 2019-01-06 14:20 | 詩・文芸 | Comments(0)