タグ:ダンス・ダンス・ダンス ( 3 ) タグの人気記事

「ダンス・ダンス・ダンス」は三島か?


「ダンス・ダンス・ダンス」は「三踏歌」で「山頭火」のことだろうと思って解読しました。


「かっこう」とか出て来てバッチリ!大満足だったのが、ここに来て、もしかすると三島由紀夫のこと?



三島だけでなく、その周辺……川端、深沢、谷崎などが登場する、戦前から戦後の文壇のドロドロやらインチキについて書いている気がして来ました。

 

 ダンス・ダンス・ダンス=三踏=三島?



解読やり直します。






[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-05-19 11:45 | 作家 | Comments(0)

「エーゲ海に捧ぐ」もう、何が何やら。


「なんとなく、クリスタル」「かたかたかたかた」という表現があって、既視感があったので考えてみたら「ダンス・ダンス・ダンス」だった。

「ダンス・ダンス・ダンス」をパラパラしていたら「エーゲ海」というワードが目についた。

手許に「芥川賞全集11」があるので「エーゲ海に捧ぐ」をパラパラしてみたら、マジかよ!

「すすり泣く」とか、あと映画の撮影シーンが「キキと五反田君」をイメージさせる描写。

それよりビックリしたのが「センチメンタル・ジャーニー(感傷旅行)」というワード。

こちら参考に。
https://tamegoro.exblog.jp/28296210/


「ダンス・ダンス・ダンス」は山頭火の句の真実を書いていると思っていたけど、自信がなくなりました。


しかし、深沢(もしくは別の誰か)が代筆した作品を取り上げているとしたら、多すぎないか。44章ですよ。

手書きの組織図というか、関係図が載っていて、いまだに解明できていません。

6人の白骨(一人は女)も、誰のことなのか。

頭が混乱状態です。



*「スプートニクの恋人」では「エーゲ海」は「映画界」のシャレでした。

 エーゲ海に捧ぐ=映画界に捧ぐ?


もっと意地悪な解釈をすると、

 エーゲ=映画
 海=下ひ=「いろは歌」で「の」
 にさ=23=5=下6=けむ=原(げん)
 さぐ=作

 エーゲ海に捧ぐ=映画の原作

初めから、そうゆうつもりで書いた?



[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-05-11 11:49 | 詩・文芸 | Comments(0)

谷崎は両利きか


「ダンス・ダンス・ダンス」で気になったのがキキの耳です。

いったいどんな耳なんだ!という凄さ、素晴らしさ、見た者を圧倒するらしい。

片方はモデル用、つまり営業用だそうで。反対の耳が、それ以上に凄いらしい。

何を意味していると皆さん考えましたか。

私は、代作するときの手と自分の作品を書くときの手が違うのではと思いました。

右の耳(字)と左の(字)ってわけ。

「耳順=字潤」が出てきましたから谷崎潤一郎です。


あくまでも妄想ですが。





[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-11 15:35 | 詩・文芸 | Comments(0)