三島「婦徳」ト書きの文体


昭和23年「令女界」に載った短編です。

独特の文体です。


 夕日のなかに淡路島が模糊としている。あかあかと夕日にてらされて帆舟がわななきながら明石の海を通り過ぎる。(中略)ゆらめいているのを漁夫たちは見る。(中略)時々音を立てて跳ねるのを見る。(中略)はじめるのを感じる。(中略)汽笛を突然聞く。
 (中略)煙管をしまいながら立ち上がる。(中略)帰りたいものだと思案する。



語尾に注目です。

すべて「現在形」で書かれている。

まるで、芝居の台本や脚本の「ト書き」です。

「ト書き」についてはGoogle先生に聞いてね。


そしてね、この文体、どっかで逢ったぞ、なのでした。


 ベッドに寝たまま、手を伸ばして横のステレオをつけてみる。目覚めたばかりだから、ターン・テーブルにレコードを載せるのも、なんとなく億劫な気がしてしまう。
 それで、FENにプリセットしたチューナーのボタンを押してみる。なんと朝から、ウィリー・ネルソンの「ムーンライト・イン・バーモント」が流れている。



「深沢七丁目」が出て来て驚いた、一世を風靡した小説です。



「婦徳」に戻ります。

婦=ふ=二=ふた=歌
徳=解く


 婦徳=歌解く



ごく短いけれど三つに分かれている。

何の歌か悩みました。三首入っているのかなあとか。

たぶんコレ。

 あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の
   ながながし夜を ひとりかも寝む


解釈がバッチリ「鳥づくし」の方です。


1章=ホトトギス
2章=真鳥(猛禽)、ウソ、カッコウ
3章=オシドリ


ちなみに三島由紀夫は「古今集」についても書いています。

和歌の裏は読めていないことを確認しました。

だから、本人の作ではないと思います。
深沢に一票!


[PR]
# by ukiyo-wasure | 2018-06-09 15:31 | 詩・文芸 | Comments(0)

隆三と七人の子分たち


なーんか、ここ二年間、ずーっと、ブンガクしてました。

今日、美容院で週刊誌をまとめ読み。

えーっ、宮沢りえが結婚したのーっ?

「知らなかったんですか」と美容師さんに言われ、世間から隔絶していたことを自覚しました。

だって、一番大好きで、解り合える友だちは「紫式部姐さん」状態が続いてましたから。


それで、ツタヤのカード更新で、一枚無料だから、今更ですが、北野監督の「龍三と七人の子分たち」を借りたのです。

暇があれば「本読み」でしたから、ずっと映画を見ていない。


家人は「それ、BSで見たから」と言う。


本当に、世の中について行けてないのですが、いやいやいや、感動しましたね。


このセンス、たまんないっ、とゆうのが、


 焼き鳥の骨


ビジュアル系のパズルなどを作った経験から、あの皿に並んだ骨をわざわざ作ったセンスは、やっぱり並じゃない。


凡人は、台所に羽が落ちているとか、そうゆう表現をすると思う。


 超ツボりました!









[PR]
# by ukiyo-wasure | 2018-06-09 02:54 | 映画 | Comments(0)

「1Q84」第3章の矢田津世子



前の記事の続きです。


「1Q84」の第3章、つまり深沢の「無妙記」について書いてある章に、矢田津世子が隠れていないか、チェックしました。


天吾とふかえりが、時間は直線かという「物理学的」な話をする。

超ワザとらしい。



「時間の矢」ってご存知ですか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/時間の矢

こちらも参考に。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ゼノンのパラドックス#飛んでいる矢は止まっている



 矢田津世子=矢、達せず



ホッペの赤い「安達」という看護婦さんが出て来ます。

安達氏は出羽(秋田県)にゆかりがあるようです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/安達氏
[PR]
# by ukiyo-wasure | 2018-06-09 01:12 | 詩・文芸 | Comments(0)

川端「片腕」勲章泥棒!


前の記事で三島の「接吻」を解読しました。

矢田津世子が「代筆メンバー」の一人だったのではという話。

これを暴露したのが、川端(名義)「片腕」だと推理いたしました。

「散りぬるを」と一緒に文庫にありますから、前に読んでいます。

そんときは、谷崎ではないだろう…ってゆうか、何を書いているのかチンプンカンプンだった。


こちら「片腕」。1963.8ー1964.1の作品です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/片腕_(小説)


読み直してみたら、暗示的な表現が随所にありますが、ひとつだけ、解けました。

片腕は爪をのばしていてピンクのマニキュア。爪と指先の間はくすぐったいというエピソード。

・曲げた小指と薬指が、小さな四角い窓をつくり、覗くと赤や金色の粒が見える。


「掌の小説」に「顕微鏡怪談」がある。

愛人の爪のアカを顕微鏡で見て、浮気をチェックするというもの。

主人公の名が「千早」

ここでギャグだと解る。

「千早ぶる〜」のシャレで、

 千早フール 事情(神代)もきかず 断った皮から
  紅(業)に 身くず(みずくの「ずく」がくるっ)とは


ラストは、死体を削り取る(身屑)みたいなホラーです。

が、宴席の「怪談話」。作り話という設定。


「掌の小説」は、ほとんど谷崎が書いたという解釈をしていましたが、この作品だけは、タイトルにオチが見つからなかった。


矢田津世子が書いた気がします。


そして深沢の「無妙記」1965年

東北出身の女性から「私のこごろ」という模造ダイヤのペンダントを貰ったエピソード。


 矢田津世子=秋田出身


「限りなく〜」にも「秋田」は登場します。


ペンダントが何を意味するか。


片腕=下タ・アーム=チアーム=チャーム


チャームとは「ペンダント・ヘッド」のこと。


ペンダント・ヘッド=ペンダント頭=ペンダント盗


 片腕=勲章ドロボー!



私が言ったんじゃありませんよ。

作者の心を読んだらこうなっただけです。


潤ちゃんか、鶏ちゃんか、七さんか……はたまた健さんか。

ちょっと解りません。

矢田津世子の作品と、川端の全作品、三島の全作品を読めば、「ダンス・ダンス・ダンス」の「組織図」が解るかも。




[PR]
# by ukiyo-wasure | 2018-06-08 22:41 | 詩・文芸 | Comments(0)

三島「接吻」恐っ!


昭和23年。「マドモアゼル」に発表した、ごく短い作品。
誌名から、読者は若い女性でしょうか。

「掌の小説」のスタイルです。


ヘボ詩人がいる。彼は羽根ペンで詩を書いている。
ある時、創作に行き詰まり、何げなく、羽根ペンで唇を撫でた。
彼は、ふと思い立って、ある女性画家を訪ねる。
この画家は「坂の上」に住んでいてモテモテ。
男出入りが激しいが、純粋な心を持ったお嬢さん
詩人は、持参した「羽根ペン」と、彼女が無意識に噛んだ「筆」を交換してもらう。


最後、引用します。

作者がなぜこの物語に「接吻」といふ題をつけたか、わかる人もあらうし、わからない人もあるだろう。それはどちらでもよいのだが、作者はイソップ物語の例の教訓に似たものをおしまひに一寸くつつけたのである。それはかうだ。

「お嬢さん方、詩人とお付合ひなさい、何故って詩人ほど安全な人種はありませんから」



ですね。


「詩人(死人)に口なし」



真意を推理してみました。


「接吻」の「吻」ですが「口が勿(無い)」と読める。


「羽根ぺん」と「筆」の交換の意味するところは何か。


羽根ペン=羽偏=翔=賞

*偏は左側か……じゃあ、こっち?

羽ペン=羽片=アヘン

もっと恐いし!!


筆=腕(作家としての)


一体誰のことか。


女流作家で「坂」の上に住み、実力があり、昭和23年には亡くなっていた人。


実力を買われ、誰かの「代筆」をしていた。


↓この人では?
https://ja.wikipedia.org/wiki/矢田津世子


想像を飛躍させますと、後の川端「片腕」が、この事を書いたのではと思う。


当然書いたのは川端じゃない。


村上春樹さんの「ダンス・ダンス・ダンス」に出てくる六体の白骨のうち、一人は、


  女性で片腕がない



興味のある人は「接吻」読んでみてください。

未来の読者に向けて書いた作品だと思うので。

誰が書いたか。

三島じゃないことは確かでしょう。

潤ちゃん、鶏ちゃん……候補が増えて解りません。




*追記

アヘン=ヘロインは結核の治療薬だったんだ!!


接=腕が立つ女?


[PR]
# by ukiyo-wasure | 2018-06-08 11:23 | 詩・文芸 | Comments(0)