「君が代」の素朴な疑問


川端の「ちよ」をパラパラ読んでいました。

何たって、本人が「封印」しろと遺言したのに、全集に入っちゃった作品の一つですから。

超アヤシイ。たぶん谷崎が書いた。

川端は晩年、「何か仕込まれた」感がして気持ち悪かったと思う。

「ちよ」については、いずれじっくり解読します。


今回のネタはそこじゃない。


「ちよ」というタイトルが、どうも「君が代」に関係している気がして、アレコレ考えていたら、素朴な疑問がふつふつ。


「君が代」の本歌はコレです。



 わが君は 千代にやちよに さざれ石の
       巌となりて 苔のむすまで



「古今集」の分類では「祝歌」でしょう。



解釈はこちら。
https://tamegoro.exblog.jp/26821828/


素朴な疑問とゆうのは、


 このまんまで良かったじゃん!

 何で直したの?



これから「天皇制」でガッチリ固めようって時です。

「わが君」=天皇。小細工の必要まったくない。



前にね、「武士道」がキリスト教の「殉教精神」そっくりだと書きました。

違うところは…武士道では「忠義」をつくす対象が「この人こそ」と、選べることです。会社を選ぶほど自由ではないでしょうが、秀吉のように「こいつはアカン」となったら主君を変えられる。
「任侠道」で盃を返すみたいなもの?


明治維新で忠義をつくす相手は唯一、天皇としなければならない。

キリスト教徒にとっての「神」です。

上手いこと考えたなあと関心いたしました。

さすが「言霊の国」です。

「わが君」を「君が代」に変えたらどうなるか。


君が代=「いろは歌」の「き」と「み」の余(いらない文字)

つまり「捨てた文字」=「ゆめ」

=む=「まみむめも」で「下み」=神


「君が代」の歌は、こうゆうことに、


 神は千代に八千代に〜



まるで「賛美歌」の歌詞のようになっちゃうのでした。



[PR]
# by ukiyo-wasure | 2018-06-15 15:00 | 歴史 | Comments(0)

三島「殉教」死んでないから安心してね


三島由紀夫「殉教」昭和23年の作品です。


寮で暮らす中学生たちの、ちょっと恐い話。

貴族の子が多い学校で、小学校から一緒の子たちがほとんど。
亘理(わたり)という少年だけは、違う学校からやって来た。
彼はマイペースな態度もあって、仲間はずれ状態。
ある事件をキッカケに、魔王と呼ばれるリーダー格の畠山と格闘。
その後二人は「恋人同士」と噂されるほど親密に。
少年たちは普段から、一人を選んで「制裁」を加える遊びをしている。
指名するのが魔王の畠山。
その日の指名は、何と亘理。
高い松の枝にロープをかけて亘理を絞首刑にしようとする。
冗談とも本気ともつかない、異様な雰囲気に。


引用します。

 縄が上がった。
 少年たちは夥しい鳩の羽搏きと、おどろくほど高いところにある亘理の美しい顔の輝きに怖れをなして、もはやこの怖ろしい殺人の現場に居たたまれずに、思ひ思ひの方向から疎林を一散に逃げ出した。
(中略)
 かれらの幼ない胸は人殺しをしたという誇りでまだ弾んでいた。
 三十分もたって、皆は申し合わせたやうに又そろそろと疎林の中へ入ってきて、肩をすりよせておそるおそる大松の枝をさしのぞいた。
 縄がただ揺れていた。縊死者の姿はどこにもみえなかった。
 


まず、亘理(わたり)という名前。怪しい!!

ひとりだけ別の学校から来たとゆうし。

それとね、あらすじに書きませんでしたが、畠山に噛み付くシーンがある。


亘理=渡り=旅芸人のイメージ

噛み付く=歯が強い


さらに「殉教」=「巡業」と読むと……。


サーカスのロープ技に、歯で吊り下がる「歯キリ」、首(顎部分)で吊り下がる「首ガケ」があるそうです。

そういえば、見たことありますよね。


↓こちらに出ています。

https://books.google.co.jp/books?id=_3pwDgAAQBAJ&pg=PA19&dq=アクロバット+ロープ+歯&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwj8xeawsdPbAhVU6LwKHY-bBPoQ6AEIFDAA#v=onepage&q=アクロバット%20ロープ%20歯&f=false


畠山くんと仕組んだのでしょう。

だいたい、ホントに死ぬような悪趣味な話は書かないでしょ。

誰が書いたか知りませんが……。

[PR]
# by ukiyo-wasure | 2018-06-15 00:21 | 詩・文芸 | Comments(0)

太宰「パンドラの匣」の意味


「斜陽」の中に、「パンドラの匣」の意味のヒントがありました。


ギロチン、ギロチン、シュルシュルシュ


これ、超悩ましいですよね。


ギロチン=首を連想=シュ

「パンドラ」の「ハンド」=手=シュ

=ルが寝ている=寝ル=ネル


シュネルという人、ご存知でしょうか。

キリスト教に詳しい人しか知らないでしょう。


ウィキによると、

聖書学者ユード・シュネルは『新約聖書 その歴史と思想』において「ルカ福音書と使徒言行録は、言葉の使い方からも、その思想的色合いからも強い関連性が見られ、おそらくは同じ著者によるものであろうと考えられる」と語っている。


詳しくはこちら。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ルカによる福音書


「の匣」は二通り考えられました。

一つは、

「の」=下ね=金。
芭蕉の句から「気(金)になる」=「隣」

匣=アゴ=顎=がく=書く


パンドラの匣=シュネルとなり書く



もう一つは、

「の」=そのまま

匣=コ(五)の裏で二(フ)=フ甲=不幸


パンドラの匣=シュネルの不幸


シュネルさんの説は認められなかったようですから。


谷崎と志賀(あるいは川端と志賀)の作品は、同一人物が書いたとゆうことでしょう。


太宰様、今さらですが、私もそう思いまーす!!


*たとえば「と見こう見」は三回くらい逢いましたし、「青磁色の空」は、志賀「焚火」と川端「笑わぬ男」に。


[PR]
# by ukiyo-wasure | 2018-06-14 15:39 | 詩・文芸 | Comments(0)

志賀直哉「真鶴」天狗書く


これぞ、メタファー小説でしょう。

「散りばめ系」とでも言いましょうか。

村上春樹さんの小説もこれですね。

もとを正せば「源氏物語」がそうですから。

日本文学の伝統形式です。


あらすじはこちら。
https://ja.wikipedia.org/wiki/真鶴_(志賀直哉の小説)


Google先生がいるので、ここまで調べることができました。
ハズレもあるかもしれませんが。


この小説は「天狗」がテーマ
以下、天狗関連です。

・小学校教師が「和歌の知ったかぶり

・大きい頭におよそ不釣合な小さい水兵帽を兜巾のように戴いて

・弟と二人の下駄を買うために

・へっつい=かまど。彦一話で「かくれみの」をかまどで焼く

法界節
 「雙生隅田川」は兄が梅若丸、弟が松若丸が登場。
  山伏法界坊、実は天狗

・主人公が恋する女芸人は「尼天狗」のイメージ

・忠実な尨犬のように(中国では狗=イヌの姿)

出鼻(地形)

・エンサエンサという気持ち=怨嗟。大天狗・崇徳天皇の怨霊

・おぶった弟が寝る=弟(てい)グウ=テング


タイトルの解読いきます。

真=十具=テング 鶴=書く


 真鶴=天狗書く



なぜ「天狗」のことを書いたのか。

谷崎の代筆で、志賀への皮肉だと思います。


興味のある方、ぜひ実際に読んで、ご確認ください。




[PR]
# by ukiyo-wasure | 2018-06-14 01:55 | 詩・文芸 | Comments(0)

三島「中世に於ける一殺人者の遺せる〜」狂気かーっ!


「中世に於ける一殺人者の遺せる哲学的日記の抜粋」

昭和19年、19歳です。

題名だけで脳がボンバーしそうです。

これね、マジで悩みました。

谷崎あたりが代筆したのだろうと思って読んだ。

イヤイヤ、何度読んでもワケワカメ。何について書いているのか全くわからない。

読んだ人は共感してくれるはず。支離滅裂なのです。


元の題名が「夜の車」と知ってピカッ!


夜=倒デー(昼)=トゥディ=今日

の=下ね=金=き=気

車=カー



 夜の車=狂気かー!



金色の死=つまんねー!のノリです。


昨日、パラパラと「斜陽」と一緒に載っていた「パンドラの匣」を読んでいたら、このことだろ!ってのが「西脇つくし」からの手紙

前記事の「好人物の夫婦」もそうですが、谷崎は、本当に、妄想に取り憑かれたような人の視点が上手い。

三島「哲学」も「偏執狂」だし。

「パンドラの匣」は、パラパラしただけですが「暴露小説」ですね。

シガレットケースを貰って嬉しくないのは、シガー=志賀だから。

主人公の名前が「小柴」「岬にての物語」のオコタンは小此木でしたし。

あだ名など、すべての「固有名詞」には意味があると思われます。

当然題名にも。


太宰ファンの皆様、ぜひぜひ解読にチャレンジしてください。


俳句の剽窃に関する部分。意味深です。引用します。

この人たちにとっては、作者の名なんて、どうでもいいんだ。みんなで力を合わせて作ったもののような気がしているのだ。(中略)あの人たちには、作者なんて、てんで有り難くないんだ。一茶が作っても、かっぽれが作っても、マア坊が作っても、その句が面白くなけりゃ、無関心なのだ。社交上のエチケットだとか、または、趣味の向上だなんて事のために無理に芸術の「勉強」をしやしないのだ。自分の心にふれた作品だけを自分の流儀で覚えて置くのだ。それだけなんだ。僕は芸術と民衆との関係に就いて、ただいま事新しく教えられたような気がした。




*追記

「ダンス・ダンス・ダンス」で、ユキが五反田君から借りた車に乗って「気分が悪く」なるシーンがあります。

関係ありそうなんですが……。

[PR]
# by ukiyo-wasure | 2018-06-13 14:31 | 作家 | Comments(0)