カテゴリ:作家( 49 )

川端康成「散りぬるを」の真相・その2


前に書きました。川端康成「散りぬるを」の真相
http://tamegoro.exblog.jp/28087781/

気になることがあって読み返しました。

トリックが入っていました。


「足がだるくなった」という、不自然な表現。

これは柿本人麻呂の「あしびきの」でしょう。

犯人とされる山辺三郎の供述「赤ん坊の声を聞いた」も唐突です。

夜泣き=「よ」無き

題名が「散りぬるを」ですし、「いろは歌」をチェック。

「よ」を取ると「わかたれ」「和歌誰」となります。


「あしびきの」の真相は「鳥づくし」でした。以下参照。


「足がだるい」=あしびきの=ホトトギス

「嘘よりこわいものはない」=ウソ


「真鳥」「カッコウ」「鴛鴦(おし)」が足りない。


 捨、真鳥カッコウ鴛鴦

 
  真撮り(の)格好をし



やっぱりエロ写真のモデルだったでしょ。

ますます、谷崎が書いた気がします。



ちなみに、このトリックに気づいたのは「国境の南、太陽の西」の島本さんを、なぜ足を引きずる少女にしたか。


第5章が芭蕉のこの句。

 うき我を淋しがらせよ閑古鳥


閑古鳥が、あしびきの〜の句では「ながながし」の「なが」が一つ余計だから「棄なが」=「気長」となる。


閑古鳥=気長=毛長(髪長)となり「女性」を意味します。


句の解釈は複雑になるので後ほど。

 

追記 2018.2.21

「散りぬるを」は太宰もあるなあ……と「ダス・ゲマイネ」を読んで感じました。
ずっと、文体が苦手で読む気がしなかった作家ですが、人気の理由が解りました。


[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-20 22:46 | 作家 | Comments(0)

「理解というものは、つねに誤解の総体に過ぎない」


「スプートニクの恋人」をウィキで見たら、


 「理解というものは、つねに誤解の総体に過ぎない」


がテーマだそうで。

パッと浮かんだのが三島由紀夫です。


深沢を解読していたとき、三島由紀夫がものすごく気になった。

「楢山」の選考委員の一人です。この賞についてはいろいろと疑問がありますが、それは置いておきまして、

「東京のプリンスたち」をベタホメしている。ワザとらしいくらい。トランプがスカシで入っていると本当に気づいていないのか、トボけているのか、悩みました。

「太陽の季節」も同じような評価。この人は「源氏」の裏を知らないのか?

じゃあ和歌も理解できていない?

もしかすると、谷崎も読めてなかった?


それがある日、

深沢「三島さん、『楢山』はじつはゴニョゴニョ……。川端さんのアレはじつはゴニョゴニョ……」

三島「……」ショックで絶句。


なーんてことも、想像いたしました。



[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-20 13:23 | 作家 | Comments(0)

「ダンス・ダンス・ダンス」伊藤整?


「ダンス・ダンス・ダンス」第33章も、難しかった。

「愛」とか、ノーベル賞とか。これは伊藤整のことかなあ……。

川端康成のノーベル賞を祝って、三島由紀夫と伊藤整の三人が座談。

この映像がユーツベにあって、見ました。


山頭火のどの句か、自信ないのですが、


 蝿も移ってきている


……かなあ。 蝿=I=伊藤整のイニシャル。


1936年の句ですが、この年に伊藤整が金星堂に入っている。

「移ってきている」が解読できません。

伊藤整については全然知らない。

ただ、深沢の「楢山節考」が中央公論の賞を取ったときの選考委員の一人ということで名前だけは知っていた。あとは三島由紀夫と武田泰淳です。

映像を見ると、川端や三島と近しい関係にあったことが解ります。




追記

これで、戦前戦後の文壇のドロドロとはオサラバ。

「国境の南、太陽の西」解読に取りかかります。

ものすごく楽しみです。絶対に芭蕉だと思う。

「古池や」や「旅に病んで」がどういう解釈なのかワクワクします。

全然違うことが書いてあったら大笑いですね。


猫が死んじゃって、残っていたマタタビ粉を日本酒に入れて飲んでいます。

猫缶も残っていて……お好み焼きならイケるかな。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-16 23:38 | 作家 | Comments(0)

深沢七郎「無妙記」の謎


深沢七郎に「無妙記」という作品があります。

「南無妙法蓮華経」の「南」がないから、

 南無し=皆々死

と、読む。

三島由紀夫が亡くなる直前に書かれています。


深沢本を書いた時点では「源氏」も俳句も、村上春樹さんが何を書いているかも、まったく知らなかった。

「無妙記」のキーワードとしては、共犯、シャブ、白骨、自動車事故、金閣寺、能面……などから、五味康祐の交通事故や、三島由紀夫について書かれていると思いました。

「共犯」ということで疑ったのが、五味さんが起こした交通事故に、たとえば三島が同乗していたのかなあとか、そのあたりまでしか想像できなかった。

川端康成は全然浮かんでも来ませんでした。

今になって「白骨」というキーワードに引っ掛かります。

かなり重要な秘密が暴露されている気がします。


三島由紀夫に興味のある方、「無妙記」読んでみてください。


[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-15 03:38 | 作家 | Comments(0)

村上春樹さんのスゴ技


 私はずっと、村上春樹さんの小説が読めませんでした。3ページくらいで「もう無理」でした。

 何度かチャレンジしましたがダメでした。

 それが読めるようになったのは、深沢や谷崎と同じタイプの小説だと解ったからです。

 原点は和歌なのでしょうが、言葉遊びみたいな表現だけではなく、何行にも渡る文章で一つの事柄を表現するワザを使うんですよね。

「風の歌を聴け」に、ホットケーキにコーラをかけて食べるシーンがあります。

 覚えていますか。それは、


 食べ物であると同時に、飲み物でもある。


 ああっ!となりました。

 
 皆さん、何だと思いますか。



 答えは、寒天。



 ウイダーinゼリーと同じ、水分とカロリーを同時に取れる。

 
 これですっかり、極右ハルキストになってしまいました。

 
 寒天が何を意味しているかは、まだ、ヒ・ミ・ツ。


 

 
 
 

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-10-29 23:24 | 作家 | Comments(0)

「1Q84」を何と読むか(1)


 少年少女の皆さま、読書感想文は書きましたか。

 なになに、今から本を読む?


 登場人物に感情移入したり、そういうのはメンドーですよね。

 だから、村上春樹さんの「1Q84」はどうでしょう。

 感想ではなく「謎解き」だけ。

 読む方(先生)も、「へぇー」だと思いますし。


 では、まいるぞ、でべそ!

 「村上かるた」のノリで題名「1Q84」を解読します。


 Qは何か。いろいろ考えられますが、トランプのQでしょう。

 つまり12です。

 十二ではなく、一と二。二は「フ」と読みますよね。

 「一とフ」を縦に並べると「ラ」です。

 「1ラ84」の順番を変えて、語呂合わせで読んでください。

 芥川賞作家から政治家になった方の名字になります。


 つづく。




追記 8/27 修正です。

 「1ラ84」はドラドシで寅年のことでしょう。

 

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-08-24 14:51 | 作家 | Comments(0)

中原中也よ、お前もか


 中原中也の「汚れっちまった悲しみに」が、谷崎の「異端者の悲しみ」のことを書いたものだと、前に書きました。

 それで、中也も絶対怪しいと睨んだのです。

 其角や谷崎や深沢や「かるた」の方同様、裏の意味がある感じがプンプンします。

 有名でありながら、ワケワカメな「サーカス」


 ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん


 あらためて読んでみますと、かなりフザケてませんか。

 上記の「お仲間」以外の一般の読者で、意味の解った人はいるのでしょうか。

 さっき、ざーっと、解読しました

 「サーカス」は「探す」のダジャレでしょう。


  何を探すかは、まだヒ・ミ・ツです。


  たとえばね、

  「落下傘奴のノスタルジアと」の「奴」。


  これだけで、花の名を表しています。


  奴=何の花?



  和歌に親しんでいる人ならすぐ解るでしょう。

  古文の先生、いかがでしょう。


  答えは、後ほど。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-08-15 20:45 | 作家 | Comments(0)

編集者は質問しないの?


 「深沢本」を書いているときにね、ずーっと疑問でした。「庶民烈伝」とかね、何で「烈」なのか、担当編集者は質問しなかったのかということ。

 深沢が例のオトボケをかましてきたとしたら、なおさら、夜も眠れず……ワタクシならば。

 それとも、一流出版社の編集者の皆様ですから、彼の作品がトリック小説だと、知っていたけど業界の秘密だったのか……。

 パズルはきっちり答えが出ないと困りますから、編集者が解らない表現をそのまま通すことはありえません。

 「ノルウェイの森」の「暗黒植物」だって、存在しないものですから、校閲でひっかかるはず。「何ですかこれは」という編集者の質問に、「村上かるた」のノリで答えて煙に巻いたのでしょうか。
 でもでも、私が編集者なら、やっぱり気持ち悪くて、夜も寝ないで考えると思う。

 パズルで「暗黒植物」などと書いたら、読者から編集部に問合せが殺到するでしょう。

 ミステリーならどうでしょう。つじつまが合わないと小説として成立しませんよね。担当者はかなり内容に踏み込んで読むのではないでしょうか。


 谷崎にも「先生、何で細雪なんですか。出てこないじゃないですか」って、聞いたのでしょうか、一応は。

 
 ちなみに「暗黒植物の根」は、根の部分ということで「勿」のこと。ワクテカならぬワカテクです。和歌のテクニックね。
 「勿」を何と読むか、私も初めて知りましたが「もち」です。

 「もち」は「餅」。ここからまた、餅の別名に変化します。

 「暗黒」を付けたのは、読者に「えっ、何これ」と、「何かあるな」と、立ち止まってもらうためでしょう。

 この先は、解読途中なので、ヒ・ミ・ツ。

 

 

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-08-04 14:24 | 作家 | Comments(0)

川端康成のノーベル賞


 拙著にはハッキリとは書きませんでしたが、深沢の「盆栽老人〜」はどう考えても川端のことでしょう。

 そんなこんなで、私にとって、日本が誇る文豪は、非常にインチキ臭い人となっています。

 1970年6月16日、台北で講演しています。テーマが「源氏と芭蕉」。
 講演と云っても、台北に住んでいる日本人たちの会に招かれた席での挨拶のようで、大した話はしていません。美術品の何々を持っているとか。(自慢話かよ)

 1970年といえば、三島事件の年です。

 講演でノーベル賞について触れています。以下引用。

 “私が思いがけなくノーベル賞をもらいましたのもやっぱりなんかこう、そういう感謝の気持ちをもっておりますものに対する多くの人々の好意だと思います。”


 三島由紀夫に推薦文を頼んだくせに。
 
 欲しくて欲しくてしょうがなかったくせに。

 三島がこれを聞いたらどう思うでしょう。ま、台北ですから、聞かれる心配はないけど。



 

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-07-29 13:26 | 作家 | Comments(0)

深沢七郎が川端康成を嫌う理由


 深沢七郎の小説で、まだ解明し切れていないのが「笛吹川」です。

 全体に、当時の文壇のことが書かれている(表のストーリーとは別に)と思われるのですが、事情に暗いので解りにくいのです。

 それでね、ボロクソな表現をされている人物が出てきて、どうも川端康成っぽいのです。

 「笛吹川」は嶋中事件より前の作品ですから、もう最初から嫌っていたのではと思われます。

 代作をさせていたとか、三島由紀夫とのノーベル賞を巡るいろいろなことを、聞いただけとは思えない。何か直接不愉快なことをされたのかなあ。

 でなければ、川端賞を辞退する理由が解りません。

 




 

 

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-07-28 23:21 | 作家 | Comments(0)