カテゴリ:美術( 172 )

北斎「赤鬼」は倒幕派の暗号?


「赤鬼」です。

これは、ギャグとかではなく「暗号化」した、本間北曜へのメッセージだと思います。


本間北曜




b0230759_01232164.jpg
b0230759_01232564.jpg
赤鬼がいて、酒(徳利)刺身数珠がある。

盃がありません。

想像するしかないので、あくまでも「こんな読みもある」ということで。

北斎はキリシタンで、西洋に通じていたと思います。

開国して西洋の文明を取り入れることを望んでいたと思う。


赤鬼=あかおに=我が邦に

=かわらけ=下あ・らけ=開け=開化

*開け=開化のことだそうです。


 我が邦に開化なし



これをご覧下さい。

b0230759_01233001.jpg

左側に、

数珠=繻子(絹織物) 蛸唐草=有田焼

皿に箸が掛かっています。


右側に、刺身

坊さんの隠語で「嘆仏」タンブツだそうです。


タンブツ=タン2ツ=タンツツ=短筒(短銃)


北曜さんが、九州の方へ行く直前に渡した絵です。


日本の名産品、絹織物・陶磁器と交換に、英国(?)の鉄砲を買う「箸(橋)渡し」をせよ。


いかがでしょう。

繻子(数珠)と坊さんの隠語を導くために、鬼には坊主の格好をさせる必要があった。


美大生の皆さん、考えてみてね。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-11-14 01:55 | 美術 | Comments(0)

北斎のイタズラ心「能ある虎は…」


「月見る虎」いきまーす。

「山月記」ってあった気が……。

b0230759_19003534.jpg
b0230759_19003829.jpg
可愛いですよね。

なぜ可愛く見えるか。

b0230759_19004077.jpg

八重歯みたいな「牙」が見えているからでしょ。

北斎じいさん、ニクいなあ!


=うさぎ=

寅が卯の方角を見ると、次は辰巳

辰巳といえば辰巳芸者の深川

深川といえば……、



 牙見え=木場見え






[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-11-12 19:13 | 美術 | Comments(0)

北斎のイタズラ心「虎は何頭?」


北斎、晩年の作「雨中の虎」です。
b0230759_11402969.jpg
b0230759_11402674.jpg

この落款です。何かある。

ヒネリすぎのポーズ、めっちゃ「作為的」です。

これって、二匹じゃね!!

b0230759_11403559.jpg
注目です。シッポの先?
b0230759_11403781.jpg
さあ、ここから。

雨降りです。二頭の虎

二頭の虎は「つがい」かなあ。


 虎つがい=コツガイ=骨骸


骨骸は骸骨のことだそうです。

ガイコツに雨が降っている。




雨は、和歌の心でビジョビジョ「美女」

もしかして「美女の骸骨」=小野小町?


こういうパズル的作品は、二作ペアが多かった。

正解か確認する意味でも、対の作品が見たい!


そういえば……遺作も「虎」だった。


はい、こちら。雪の中です。

雨と雪か。いい感じで繋がる。
「ダンス・ダンス・ダンス」の母子みたいだ。

b0230759_11404120.jpg

遺作ですから、いろいろと考えたけど、解らないままでした。

雪も笹も虎も、酒つながりですから、イメージはそっちへ飛んだ気がする。

「雪中」と「雨中」で一対なら、


 雪中猛虎=雪中も来


または、そのまま


 雪中虎図=雪中来ず


小町側からの視点です。


どっちにしろ、深草少将です。


雨と雪で霙(みぞれ)


 深草霙=真相見逸れ


*見逸れる=見逃す

これが言いたかったのか。


「真相」とは、何のことだろう。




*追記

そういえばね、昔、小町はじつは男だったんじゃないかと思ったことがあったのね。

今、ふとね。深草少将が女?って思った。

「雪中虎図」の虎も、ちょっとリアルじゃない描き方。

b0230759_14242624.jpg

この虎は「メスだぞ」って言いたかった?

ウチの猫はメスだったけど、オスならタマタマが見えそうなポーズですがどうでしょう。

「少将」という身分、女官にもあるんですよね。




[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-11-12 12:14 | 美術 | Comments(0)

北斎のイタズラ心?「絵解き」上級編


悩んだぜーっ。

この絵です。「三すくみ」

b0230759_21083674.jpg
解説はこちら。
b0230759_21083812.jpg

b0230759_21102909.jpg

“三巴”といったウィット?……違うってば。

b0230759_21083250.jpg

コレこそが、この絵の「意味」なのでーす。


三巴=三つとも「え」

1 =へひ=えい=衛=

2 =ゲコ=下こ=(いろは歌で)

3 ナメクジ=貝=かい=絵=


*解説文にある疑問「ナメクジではなく蝸牛になっている理由」ですが、どっちも貝なので、モーマンタイ。



頭の柔らかい美大生の皆様、ぜひぜひ「北斎」を研究し直してください!

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-11-11 21:24 | 美術 | Comments(0)

北斎のイタズラ心?「絵解き」


前の記事で指摘した落款が「間違いさがし」ではと書きました。

パズルではありますが「間違いさがし」とは限らないみたいです。


二枚セットのこの絵をご覧ください。

b0230759_19523999.jpg
説明も貼っちゃいます。

b0230759_19524252.jpg


美術の先生は、こういう見方をするんですね。

そりゃあ北斎だもの。腕はパンパないわけで。

「何を表現したのか」ってとこに踏み込まないと。



小道具に注目です。

右が、狐捕りのワナ。

左が、茶釜です。


どっちも「小さすぎじゃね?」


ワナに頭、入らなそー。

茶釜だって、どんだけ縮むんだ!


「小さい」=しょうさい=商才

タヌキ=田ぬき=田がない=市(いち)=

キツネ=コン


この絵の心は「士魂商才」


意味はGoogle先生に聞いてね。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-11-11 20:08 | 美術 | Comments(0)

北斎のイタズラ心?視覚パズル


これは、マジで「視覚パズル」ですね。


b0230759_16243091.jpg

いかにもな構図です。

扇の構造は、結構複雑。立体的なのです。

パッと見では背後の「白」が最もあやしい。

「骨と紙」が不一致ではないかと疑いましたが、問題なし。



答えはコイツ。目の前というのがニクい!

よーく、見て下さい。山折・谷折・山折……。
b0230759_16243558.jpg

扇の上の縁は「ヘ」の字の部分が「山折」です。

この扇は逆になっている。

b0230759_16244256.jpg


黒い扇と重なっている端っこね、濃い赤の部分。

となりの「薄い赤」の部分との境目は、「谷」じゃなきゃダメでしょ。


北斎さんは、雅号もどっさり、落款もどっさり。

この落款が「間違いさがし」っぽい。

b0230759_16243714.jpg

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-11-11 16:57 | 美術 | Comments(0)

北斎のイタズラ心?続き


これはどうでしょう。



「漁父」です。カゴの中には「鳥」もいる?

脚を組んでいるポーズです。

地に着いているのは「親指」の位置から「右足」ですよね。


b0230759_17215654.jpg

アップでどうぞ。

向って左に見える「足の裏」、「親指の位置」は、これで正解ですか?


b0230759_17145875.jpg




「喜撰法師」さん。

「手」は右手ですか左手ですか。

b0230759_17143068.jpg





アップでどうぞ。

「数珠」は「左手」が決まり。

でも「手の向き」から考えると「右手」です。

b0230759_17143551.jpg




つぎ「僧正遍昭」さん、行きまーす。

「足」に注目!

b0230759_17144585.jpg

アップでどうぞ。

「小指」の隣にあるのは、何!!

b0230759_17144816.jpg


オマケです。「漁父」とセットの「木こり」
b0230759_17434100.jpg
刈ったのは「柴(小枝)」というより「葦」に見えるの、私だけ?

斧より鎌でしょ!

絵的なトリックもありそうですが、とりあえず……。




*追記

「漁父」と「木こり」、どっちも「あし」が変!

これが言いたかったのね。

これぞ、北斎!

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-11-10 17:37 | 美術 | Comments(0)

北斎のイタズラ心?


北斎の「乳母が絵解き」を解くために買った「北斎美術館5」に、他の絵も数点載っています。


北斎さんがどーゆう人か、だいたい解りましたから、他の絵もじーっと、パズル視点で見ました。

絵はド素人の私ですが、変じゃね?

と、思ったのだけれど、

美術の専門家は誰一人、指摘していません。

皆さん、どう思われますか。





「馬の後ろ脚、足りなくね?」
b0230759_00193306.jpg




 
 「向こう側? いや二階だよね」

b0230759_00193001.jpg




「御簾の行方、柱の位置が変?」
b0230759_00192153.jpg
ぼかしてゴマカシてるし!
b0230759_00192438.jpg



「欄干の一番上の横木、厚みないし!」

b0230759_00191212.jpg
b0230759_00191853.jpg









[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-11-10 00:36 | 美術 | Comments(0)

N少年の絵の魅力


N少年、つまり永山則夫の「木橋」に、本人が描いた絵が載っています。

これが、大変に魅力的なのです(私的にね)。

紹介します。


b0230759_18344263.jpg

b0230759_18345297.jpg

b0230759_18350091.jpg

b0230759_18350831.jpg

b0230759_18352416.jpg

b0230759_18353469.jpg




b0230759_18354925.jpg

b0230759_18355762.jpg

b0230759_18360645.jpg

b0230759_18425790.jpg
b0230759_02590392.jpg

「線」が魅力的。構図も考えてるなあって思う。


ドロッとしたものが不思議と感じられない。


村上春樹さんを読んでいるからでしょうが、


まるで「安西水丸」さん!!

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-10-13 18:49 | 美術 | Comments(0)

タコさん、恐るべし!!続きの続き


太宰の桜桃忌って19日だったのね。29日とばっか思っていました。

あーあ、ドジだなあ。

ドジでいい加減な性格ゆえ、画像も曲がってしまいました。


北斎「富嶽百景」の、これがヒョウモンダコ


b0230759_11143161.jpg


 俵物、高ふ=ひょうものたこう=ヒョウモンダコ



写楽と同じセンスだと思いませんか?



太宰の「富嶽百景」は北斎の「富嶽百景」とイコールです。

どちらも「源氏物語」

太宰の「富嶽」でタコさんは「お坊さん」で表現しています。

富士によく似合う「月見草」は「夕顔」のこと。


太宰の「富嶽百景」は、「俺は裏源氏を知っているぞ」って表明です。


志賀や川端の作品のスカシが見えているゾ。


超重要な作品。村上春樹さんの「風の歌を聴け」と同じです。


インチキはお見通しなのに「如是我聞」は歯切れが悪い!


代弁するとこんな感じ。



おい志賀、「暗夜行路」も「小僧の神様」も谷崎が書いたろ。

偉そうに作家面して、こちとらの書いたものにケチつけられる立場かよ。あほんだら。



言えないのは、谷崎他、代筆者への気配りかと。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-06-30 11:41 | 美術 | Comments(0)