2018年 06月 05日 ( 1 )

文書改竄、断った人はエラいなあ!


森友関連の文書改竄問題で20人を処分と夕刊で見た。

上司から言われて断る根性ある人がいるのか?と同情しました。

そしたら、NHKの7時のニュースで、かたくなに拒否した人がいたとのこと。

この国にも、そうゆう人がいたんだ!と嬉しくなりました。

日本文化のインチキさに、呆れ返っている今日この頃。龍胆寺雄と重なりましたね。

この人、文庫一冊読みましたが、小説が上手い!

でも「やってられんわ!!」と、サボテン博士になった。

詳しくはこちら。
https://ja.wikipedia.org/wiki/龍胆寺雄


本人が川端の代筆をやったと言っているのに、まわりがスルーしている。

理系の頭脳明晰な龍胆寺さんが、まるで嘘つきか、寝言を言っているかのような反応。

「乙女の港」のときも同様です。


太宰だって、気の毒です。

誰一人「そうだそうだ、川端なんてインチキだ!」と、知っていたのに言わなかった。

絶望する気持ち、解ります。

いじめっ子よりも、見て見ぬふりをした友人にガッカリするパターン。






[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-06-05 02:03 | 日常 | Comments(0)