2018年 05月 16日 ( 2 )

三島「座禅物語」も13歳


四つの処女作の一つで、「酸模」と同じ昭和13年、学習院の「輔仁会雑誌」3月25日号に掲載だそうです。




水車小屋の親父が語る。自分の先祖の話。

維新前に、ある村に坊さんがいて「悟り」を開きたいと思い「聖人」をさがす。
なかなか出会えない。
それで、いろいろなことが起こったりするのですが……省略。

ある日ついに「悟り」を得た。
その庵に、小さな男の子がやってきた。
坊さんは男の子を大変可愛がり、遺産を残した。

遺産とは、箱の中に大きな石。上に「信念」と書いてある。
石の裏側には「この石にかじりつきて働き働くべし、怠ることなかれ」

その男の子は遺言通りに働き、非常な財産家になった。
しかし、その孫の子の代になった頃には、一介の水車小屋の主
すなわち、語っている当人というワケ。


タイトルが「座禅物語」ですから、禅問答みたいなものでしょう。

オチは何か。


「石の上にも三年」ということわざがあります。

三年→信念になっている。三が「し」=四。

「一多い」と考えると「一多く」=「一億」

昭和13年は1938年。
ウィキによると、この年に「国家総動員法」、前年に「国民精神総動員」というのが出来たらしい。

「一億」といえば、何かスローガンがあった気がして探しました。
これかなあと思う。


  進め、一億火の玉だ。

これをもじって、


      一多く、貧の極だ。

 

どうでしょう。もっとキマるのがあるかも。
興味のある方は、全集の1に入っていますので考えてみてください。


軍国主義下ですからね。書いたの誰?



*追記 

「座禅」=座せん。組しないってことでしょうか。



*追記 2018.5.27

水車は、歌舞伎の仕掛けで「四谷怪談」で使います。


  一億、人魂だ!

はどうでしょう。

開高健「裸の王様」の「お化け」から、これかなと。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-05-16 20:17 | 詩・文芸 | Comments(0)

三島「酸模」本当に本人の作か?


と、またまた「人聞きの悪い」話で恐縮ですが。


「春の雪」に「蓼科」というお局みたいな婆さんが出て来ます。

奇妙だと思いませんか、この名前。

作家は、題名と登場人物の名前には凝るそうです。

メタファー小説ということで読んでいますから、当然「意味」を考えました。

タテシナではなく「タデ科」と読んで、ググると「酸模(すかんぽ)」つまりスイバが出て来る。

スカンポ(ウ)にはいろんな呼び名があり、スッポンというのもある。

「春の雪」で、スッポンが池にいて、清顕は子どもの頃から恐れている。


「酸模」13歳のときの作品で、学習院の文芸誌に載ったもの。処女作ということになっている。


13歳かよ!!!と、興味津々、読んでみました。


あくまでも感想ですが、


 本人書いてないでしょ。



誰が読んでも、13歳とは思えない文章です。

しかし、彼は「神童」ですからね。

自分や自分の子どもの13歳と比べてはいけない。



 理由はそこじゃない。



ずーっと「掌の小説」を解読してきましたから、「酸模」も同じスタイルの小説だとピンと来ました。



6歳の秋彦の家の近くに、夏になると酸模が茂る丘があって、「灰色の家」(刑務所)が建っている。

ある日、囚人が脱走したため、丘で遊べなくなる。

秋彦はこっそりと一人、丘へ行くが迷子になる。
日も暮れて来る。

と、ひげ面の男が出現(脱走囚)して秋彦を肩車して町へ出る道へ送ってくれる。

囚人は刑務所に自ら戻ってゆく。


刑務所には所長と警部がいる。警部は前科者という設定。
この警部が、囚人の気持ちを代弁する。


『彼は至極月並に脱獄したのです。そして、自分の感情に満ちた心を恥ぢ、盲目のまま理性に向かって突進したのです。併し、彼は、盲目でした。そして理性をとりまいている悪魔のとりことなり、その悪魔は彼にいろいろな事を教へました。「刑務所へ行って残して来た、凶器をもつて来い」と。
 併し彼は猪突する一歩前で、救はれました。それは神でした』


所長は「馬鹿馬鹿しい」と言う。彼は続けます。


『私の改悛もこの力でした。併し神は姿を変えて現れます。彼の元に戻った心は、その前に頭を上げることが出来なかったのです。私は、それが出来たら、人間ではないと思います。
 ーー所長! 私はちかひます。彼は二度と脱獄はしなひでせう。』


長々と引用しましたが、その後で、新聞を読みながら母親たちが言う。


『凶器って何でせう』



皆さん、解りますか。

「掌の小説」の「夏の靴」と同じテーマです。
https://tamegoro.exblog.jp/28213381/

どちらも「脱走」ですからね。


凶器=今日棄=「いろは歌」で「けふ」を取る


 おくやまこえて=北山越えで(越えられず)


北山は空腹のことね。


「空腹には勝てぬ」ってこと。


そう思って警部の話を読み直してみてください。



 灰色の家=会食の家



十三歳で「空腹」を知らない坊ちゃんに書ける?


どうゆうルートで代筆が可能かは解りませんが、本人が頼んだわけではないでしょう。

が、読む人が読めば(たとえば深沢とか)解る。

厳密にチェックしていませんが「スカシ(源氏)」も入っている気がします。


この場合、真の作者は谷崎ね。


……と、決めつけた言い方してしまいましたが、


あくまでも「感想」



本人の作品というなら、「春の雪」より完成度が高い文章だと思いますが、三島ファンの皆様、いかがでしょう。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-05-16 12:47 | 詩・文芸 | Comments(0)