2018年 02月 01日 ( 1 )

北斎が描いた「しのぶれど」と「恋すてふ」の真実


北斎「乳母が絵解き」。二首セットで紹介します。



40番・平兼盛さん。

   しのぶれど 色に出でにけり わが恋は
        ものや思ふと 人の問ふまで



41番・壬生忠見さん

   恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり
       人知れずこそ 思ひそめしか  



学校では教えない、シャレが解る解釈はこちら。

http://tamegoro.exblog.jp/26872478/




40番・平兼盛

b0230759_14465795.jpg


この人に注目。

b0230759_14473602.jpg

超大きな荷物ですね。

他の人は易者に集まっていますが、疲れてそれどころじゃない様子。

  
  疲労男=色男




41番・壬生忠見

b0230759_14495012.jpg

ここに注目。

b0230759_14500285.jpg


隅に落書きです。隅はスマとも読みます。


 隅(スマ)に墨絵=須磨に住めぇ

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-02-01 14:56 | 美術 | Comments(0)