2018年 01月 31日 ( 5 )

北斎が描いた「みかの原〜」の真実


北斎「乳母が絵解き」です。

 27番・中納言兼輔

   みかの原 わきて流るる 泉川
    いつ見きとてか 恋しかるらむ


学校では教えない、ブラックユーモアの解釈はこちら。
http://tamegoro.exblog.jp/26885894/


b0230759_23235511.jpg

乗客が四人と五人に分かれて乗っています。


 四五=死後

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-01-31 23:29 | 美術 | Comments(0)

北斎が描いた「ひさかたの〜」の真実


北斎「乳母が絵解き」です。


 33番 紀友則


 ひさかたの 光のどけき 春の日に
      静心なく 花のちるらむ


学校では教えてくれない解釈はこちら。
http://tamegoro.exblog.jp/26786812/


b0230759_21131629.jpg


船底を焼いています。


 租貢(そこう)厄(やく)


租貢=年貢。厄=苦しみ



美容院で読んだオールグラビアの「○○画報」に、お正月特集で、百人一首をテーマにした創作和菓子が載っていました。

「ちはやぶる」の歌が血に染まった戦場の川とは、夢にも思わないでしょうね。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-01-31 21:25 | 美術 | Comments(0)

川端康成「みずうみ」の怪


川端康成の「みずうみ(みづうみ)」をさーっと一読しました。

まったく、村上春樹さんの小説を読んでいるような気になりました。

同じ形式の小説です。

「源氏物語」を盛り込んでいます。当然、裏の。

だいたい「水虫」って何ですか。ウケます。

蛍狩りがあって狐、篝火=蜘蛛の巣、牛に蝙蝠……。

太宰の「富嶽百景」から何作品目でしょうか。

1954年の作品ですか。うーん、悩ましい。

これが、本当に川端康成が書いたものなら、「伊豆の踊子」もご本人の作品でしょう。
そうなると、すべての作品が谷崎や深沢のような「仕掛けもの」になります。

ずっと疑問でした。川端康成は「源氏」や芭蕉について語っていますが、裏の意味が読めていたのか。


「みずうみ」を書いたとして、数年後に芥川賞選考委員で「太陽の季節」を読んでいる。

同じことをしていると解ったはず。

いやいや、その前に「富嶽百景」で太宰がやったことを再びやる?

作中に「代作」というワードが出て来るし……。

代作だとしたら、時代的に、谷崎はもうしないでしょうから、考えられるのは深沢かなあ。

つまり、代作はしたけど自分の作品だゾと「すかし」を入れている?

タイトルを直されていないなら「みづうみ」もヒントになるでしょう。

あと二回くらいは読まないと何とも……。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-01-31 17:09 | 詩・文芸 | Comments(0)

北斎が描いた「わが衣手に〜」の真実



北斎「乳母が絵解き」です。


15番・光孝天皇

  君がため 春の野に出でて 若菜つむ
      わが衣手に 雪は降りつつ


学校では教えない解釈はこちら。

http://tamegoro.exblog.jp/26792553/


b0230759_12052166.jpg

よく見えないと思いますのでアップ。

b0230759_12053883.jpg
b0230759_12054935.jpg

棒を持った人が見張っていて、嫌な雰囲気です。


 棒が苦=方角

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-01-31 12:09 | 美術 | Comments(0)

北斎が描いた「吹くからに〜」の真実


北斎「乳母が絵解き」です。


 22番 文屋康秀さん

  吹くからに 秋の草木の しをるれば 
       むべ山風を 嵐といふらむ 



こんなに面白いのに、なぜ学校で教えないのか!!

の、解釈はこちら。

http://tamegoro.exblog.jp/26669082/


b0230759_00455252.jpg


幟(のぼり)に使っている竿ですが、


  上が枝=笛がヘタ



ちなみに「羊をめぐる冒険」下巻8-1と一致すると思われます。

タイトルは「十二滝町の誕生と発展と転落」

十二滝=とうしろう(素人の逆読み)かと。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-01-31 01:00 | 美術 | Comments(0)