「富嶽百景」ピンホールカメラ?


「富嶽百景」=「源氏物語」ということで、この絵。


b0230759_13554608.jpg

は、板戸の穴から光が入って、障子に「逆さ富士」。


ピンホールカメラの原理で、起こりうるのでしょうか。



「源氏物語」で考えると「蜻蛉」=「雀瓜」


どういうものか「スズメウリ」で画像検索を。


カラフルで、まるで「とんぼ玉」。



「蜻蛉」は「とんぼ玉」のこと。これが「雀瓜」そっくり。



雀瓜には毒がある。



「源氏」を解読していて、当時、すでに「ガラス」があったことに驚き。

はるか西方の文化が入って来ていたってことです。



ご存知、ビー玉には風景が逆さに映る。


右の絵はソレを表している。


は何でしょう。

「ガラス玉」から連想すると、


 奇岩=義眼



落語に出て来る「入れ目」です。


人間用とは限らない。ガラス製義眼は仏像などにも使っていたようです。



ちなみに「騎士団長殺し」では16章

『比較的良い一日』


比較的=若干=雀瓜


「瓜」を「かん」と読むのは、たとえば「冬瓜」。


「写楽」のこの絵。

b0230759_14110255.jpg

何のヒネりもなく、

b0230759_14110516.jpg

雀売=雀瓜

実方=じっぽう=七宝


七宝とは「金、銀、瑠璃、玻璃、硨磲、珊瑚、瑪瑙」など。



瑠璃=ガラス




by ukiyo-wasure | 2019-01-14 20:54 | 美術 | Comments(0)
<< 三島「音楽」ハサミの意味するものは? 三島「午後の曳航」の作者は開高... >>