「富嶽百景」ダジャレ対決


この「富嶽百景」は4枚セットで「トリカブト」

「源氏物語」の「桐壺」です。

b0230759_21312214.jpg

b0230759_21313407.jpg

まずこの絵から。
b0230759_21351304.jpg

漁師に見えますが、籠の中に鳥!


普通の鳥じゃなく、どう見ても鳳凰


烏帽子の鳥兜は、鳳凰の頭の形です。



その右側。

b0230759_22225393.jpg

この「布」の運命が心配です。


飛んじゃうに決まってる。


   失す=うす=烏頭(うず/鳥兜の根)



下に行って、
b0230759_21405289.jpg

「波に千鳥」の構図です。


鳥がいっぱい


村上春樹さんの「騎士団長殺し」のイメージがピカッ。

あちらは「鳥(みみずく)が運動」=トリカブトでした。

これしかない!


 鳥が、うんと=トリカブト




このノリでいくと、

b0230759_21500945.jpg

こっちの鳥はカラスですね。


 烏とぶ=烏とう=烏頭




「騎士団長殺し」の方ですが、第6章49章トリカブト。


6章『今のところは顔のない依頼人です』

これだと思います。
b0230759_21544762.jpg


数年前、海外で発見された「肉筆」です。

注目。

b0230759_21545369.jpg

カンザシの先に「耳かき」が付いています。

これを「耳つく」と読む。そして「子」「絵」です。


  ミミズク声=ほうほう=鳳凰



この人物は誰か解らない。

「鳳凰」は「法皇」に変換されたりします。

キリスト教関連で「法王/教皇」を意味していたらスゴいな。




ついでに、49章『それと同じ数だけの死が満ちている』

b0230759_22142608.jpg

真ん中の女性と左は、母と息子です。


から、


「武士扇」「じーっと」「息子」


 続けて読むと「附子煎じ湯即死」


小説では文字通り「ブス」が登場します。



『それと同じ数だけの死が満ちている』とは、


  附子=ふじ=2・2=4=死



じゃないかと……。



by ukiyo-wasure | 2019-01-13 22:38 | 美術 | Comments(0)
<< 「富嶽百景」どこが「室」やねん! 「富嶽百景」ラストがスゴ! >>