「富嶽百景」どこがウサギやねん!


はい、この絵です。

b0230759_12415821.jpg
『登竜の不二』


富士といえば「東海道」です。

五十三次、つまり宿場がある。


「とうりゅう」=宿=野兎(やと)



「源氏」の「松風」です。野兎病は平安時代から知られていたってこと。

「細雪」にも出て来ます。



「とうりゅう」から「宿」を連想したのは、村上春樹さんの「品川猿」を解読していたから。


「品川」=品川宿=逗留=登竜

猿=モンキー=門カギ


続けると「登竜門書き」


登竜門はA賞のことね。



by ukiyo-wasure | 2019-01-12 12:55 | 美術 | Comments(0)
<< 「富嶽百景」あの世へようこそ! 「富嶽百景」どこが牛やねん! >>