「富嶽百景」は「源氏物語」解読完了


今、解読終りました。

一枚のも、複数セットのもありました。



で、この絵です。真ん中くらいで出てきた。

b0230759_02110324.jpg

「筧(かけい)の不二」


ポイントは「流れ落ちている水」しかない。


さーて、どう読むか。……と、全然悩まなかった。


 水落ち=鳩尾(みぞおち)


「きゅうび」と読めるじゃん。


なんだ、九尾の狐か。



「源氏」の「蛍」=「狐」



でも、こういう連想は、確信が持てない。

飛んだ方向が違う場合がある。


最後まで行って、他に「狐」は出てこなかったからOK!


北斎さん、最高。

他にも面白いのがありますので、後ほど紹介します。





by ukiyo-wasure | 2019-01-12 02:29 | 美術 | Comments(0)
<< 「富嶽百景」どこが牛やねん! 北斎の人物は「足首(関節)」が... >>