写楽と北斎、ポンポコつながり


「富嶽百景」を解読中です。

これも「写楽」同様「源氏」がテーマ、という前提です。

「写楽」=「北斎」と信じております。

以下の記事が写楽の「たぬき」=「源氏」の「御法」。


写楽のポンポコ



「富嶽百景」のこの絵。
b0230759_10520283.jpg
b0230759_10564389.jpg

読めますか?

私は読めなかったし、意味も解らなかった。


「塘」トウ、意味は「堤」。堤防だそうです。


いやあ、先に「写楽」を解読していて、ホント良かった。


 堤=鼓=ポン!


 人が歩いています=歩行



 ポン歩行=ポンポコ=タヌキ



このセンス、絶対に同一人物でしょ!



*追記

これもヒントかと。

「負う子」=ほうこ=ほこ=ポコ
b0230759_11121963.jpg
b0230759_11122173.jpg

ヒントが複数入っている場合もありますから。





by ukiyo-wasure | 2019-01-10 11:05 | 美術 | Comments(0)
<< 写楽と北斎、偏つながり 何で日本に来たの? >>