何で日本に来たの?


と、言いますのは、「源氏」を解読していたとき、「寄生」と書いて「やどりぎ」が「漆」のことです。

「寄生」を「ヨロイ」と読む。戦闘服の「ヨロイ」です。これに「漆」を塗るから。

調べたときに、漆工芸の職人さんの本を読みました。

漆製品、たとえば櫛など、縄文時代の遺跡から発掘されているそうです。

が、この発掘・研究が可能になったのは戦後。

私が子どもの頃も、縄文時代は恐ろしく原始的な暮らしをしていたと学校で教わった気がします。

弥生時代になって、稲作が伝来。ここから、文明らしきことが始まる。

元々日本列島に住んでいた縄文人は、サルに毛が生えた……いや、元々生えてるけど。まあ、何と言うか「はじめ人間ゴン」みたいな感じです。


本当は、かなり進んだ生活をしていたのにね。


そこで思ったのです。


大陸から日本列島に来た人たちは、何が目的だったのか。


木曾義仲が、戦功に雪国をやるよと言われて、そんな寒い所はいらない!と言ったエピソードを聞いた事がある。

だから、日本列島に何らかの魅力がないと来ないでしょ。


古代の話ですから、考えても解らない。


で、明治維新です。


西洋化しちゃった。

ずーーーっと、中国からの文化で成り立っていた日本が、アッと言う間に、チョンマゲを捨て、武士道を捨て、牛車を捨て皇室は馬車、仏教を捨てた。

勝海舟によると、この時点で、ご主人様は「西洋」だそうです。


中国や韓国、東洋のものより「西洋」がカッコいいという、無意識のバイアスが見事に掛かっているのね。

尺八よりフルートがオシャレーッ、みたいな。


何で、クリスチャンでもないのにクリスマスなの?

葬式は仏教でやる癖に、何でクリスマスなの?

と、最近目覚めました。


そうなのです。


日本列島は、狭い島国で資源も何もない。

でも、地球上の「位置」が、スゴいと気がついた。


中国という大国があって、日本の位置。

西洋にとっては、押さえたいポイントだと思う。

北はロシアに接し、南は中国と接している。



竜の形をした日本列島。大変な「位置」に存在している。


って、「源氏物語」を解読したら気づいた。








by ukiyo-wasure | 2019-01-10 02:56 | 歴史 | Comments(0)
<< 写楽と北斎、ポンポコつながり 超超超難問!「写楽」 >>