芥川 忌日は「河童忌」でいいの?


とゆうことで、「足りない」=「消」というテク。


「河童」=白樺の白消=薄情


白樺=白樺派ね。


芥川の研究者や愛読者は大勢いるでしょう。

私なんか、昨日今日の駆け出し者です。

「河童忌」は当然「河童」から採ったでしょ。


で、この「河童」という作品ですが、

芥川は、河童の世界の河童たちをどう思って描いたか。

愛すべき者たちということで描いていますか?

そう読んだから「河童忌」ですよね。

薄情な奴ら=当時の文壇を金で支配していた奴ら=河童


とは読まないからの「河童忌」ですよね。


私には、そこらへん、怪しい。


いずれ、じっくり読み直してみます。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-08-24 02:30 | 詩・文芸 | Comments(0)
<< 芥川 「女」「母」オチはダジャレ 川端「眠れる美女」心筋症 >>