やっぱり北斎(写楽)はキリシタン


北斎の墓は浅草の誓教寺にあります。

この方のブログでやっぱり。

http://green.ap.teacup.com/1408tora/12.html

このお寺自体、キリシタン寺っぽい雰囲気があります。


それでね、山頭火という俳号ですが、納音というものだって。

納音、読めますか。何とナッチン

こうゆうの困るんです。音をチンと読む謎句がありそうで……。

雪だけじゃなく雨も、梅雨のユ、時雨のグレ、サメはフカやワニに変化しますからね。そして山頭火は雨=アーメン。超ヤヤコシくて「ノルウェイの森」以上に難しい。


話が脱線しましたが、納音は生まれた年の干支が関係しているのですが、種田正一(山頭火の実名)さんの納音は違うそうです。

じゃあなぜ「山頭火」にしたのか。

サントウカ=セントルカ=聖ルカ

どう思います?


[PR]
by ukiyo-wasure | 2018-01-22 02:09 | 美術 | Comments(0)
<< 北斎が描いた「白露に〜」の真実 北斎が描いた「わたの原〜」の真実 >>