「写楽」3枚セットの判じ絵


「騎士団長殺し」読了しました。

写楽の方は残りました。解らないものもあります。

3枚セットで一つのことを表しているものもあります。

例えば「騎士団長殺し」第57章。

主人公の愛人の娘が「朝起きない」「学校に行かない」

この絵です。

b0230759_02305823.jpg

右から「刀」「こん(狐)」「せん(扇)」

小説では「登校せん」ですが、本当の意味は「登高せん」

登高とは、重陽(9月9日)菊の節句にお酒を飲むことだうです。

ここで「泣き塩」状態です。

古典文法が解らないので「せん」が、肯定か否定か悩むのです。

肯定なら「酒」。否定なら「げこ」=カエルです。

どっちもリストにあるから困る。


大魔王様にお伺いを立てます。

結論はカエルです。

酒がでてこない。「みだら」=蛙です。「さらし」=白布=シラフ


セットで読ませるのは他にもあります。

b0230759_11040236.jpg


右から「くわ」「すき」「来」で「食わず嫌い」

 意味はフグでしょう。


最終章ですが、東日本大震災の話です。

  東州災ですね。


子どもの名前が「室」。

絶対オカシイでしょ。

 室生犀星=うざいぜぃ=しゃらくせい!


まあこんなところで。おしまい。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-12-17 11:10 | 美術 | Comments(0)
<< ピロピロ笛の歴史 これが「白いスバル・フォレスタ... >>