「海辺のカフカ」=北斎「富嶽三十六景」3


「海辺のカフカ」第3章は、北斎「富嶽三十六景」の以下の絵のことを書いていると思われます。
 
 北斎が「富嶽三十六景」に込めたメッセージは「歌舞伎」です。

Cの絵です。

http://tamegoro.exblog.jp/26443314/



妲己は九尾の狐でもあり、「魔性の女」の象徴です。

小説の方。

「旅は道連れ、世は情け」が出てきます。ワザとらしいですよね。

与話情浮名横櫛」(よわなさけうきなのよこぐし)のことでしょう。魔性の女=お富です。

ジャムサンドが嫌い=ジャム嫌=じゃんけん

狐拳というのがあって、女性が両手の人差指を立てる場面は、狐・庄屋・猟師のうち、猟師が鉄砲を撃つポーズです。

他にも、指輪を2つは不倫、キノコのような耳はキツネノタイマツというキノコをイメージしますし、まあ、色仕掛けで誑かそうという雰囲気です。

倉敷という地名が出ますが「狐島」があるんですね。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-12-01 12:37 | 詩・文芸 | Comments(0)
<< 其角「はらら子を」=「197... 「海辺のカフカ」=北斎「富嶽... >>