「騎士団長殺し」は「写楽」第7章


「騎士団長殺し」は「写楽」。第7章は以下の絵と一致でしょう。

b0230759_21144452.jpg

以前も取り上げました。

後ろのお婆さん(本当はお爺さんですが)、着物が白いままです。

これが写楽のメッセージです。

役どころは「悪婆」です。そして「白婆」


 白馬(馬)を表してます。


小説をご確認ください。

「ドン・ジョバンニ」は、ドン・ファンのこと。

まあ、種馬のような男性です。

免色という奇妙な名字。

色がないって意味ですよね。絵と一致する。

だけではありません。トウメイという有名な馬がいました。


以下、引用します。

 直線距離でいうなら

 尖った大きな耳の先

 よく躾けられた大型の滑らかな生き物のように見える

 あるいは極端に暗闇を恐れる依頼主が(ダーク・ホース)


 免色さんの車は、なぜかフェラーリじゃなくジャガー。

 調べたら、シャーガーという有名な競走馬がいたんですね。




「騎士団長殺し」は、謎×謎×謎なので、「写楽の絵」と「その絵が伝えるメッセージ」の両方を盛り込むという、極めて高度なテクニックです。

「馬」が何を意味するのかも謎の一つです。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-11-28 21:16 | 詩・文芸 | Comments(0)
<< 「騎士団長殺し」は「写楽」第9章 ほとんどの日本人は、俳句に興味がない >>