藤原清輔朝臣「ながらえば」


84番・藤原清輔朝臣さん。


  ながらえば またこのごろや しのばれむ
      憂しとみし世ぞ 今は恋しき


 「人生の述懐」だそうです。

 生きていれば、辛いと感じている現在のことも、懐かしく思い出されることだろうか。辛かったあの頃も、今では恋しい思い出だから。

 
 つまり、ずーーっと辛い人生だったのですね。

 これは「神経衰弱系」っぽいです。


 「またこのごろや」が、舌を噛みそうだから。


  ながらえ ろや れむ
      うとみよぞ い


 複数ある文字は「はまこのし」


 何のこっちゃ。うーん、勘が外れたか。

 どういう人か調べてみました。

 以下のエピソード発見。

〈二条天皇に重用され『続詞花和歌集』を撰したが、奏覧前に天皇が崩御し勅撰和歌集にならなかった。〉


 「はまこのし」=「天子の死」か!


 人生最大の不運ということでしょうね。

 歴史的事実とビンゴすると、暑さもぶっ飛びまーす。


「はまこのし」=「天姿の死」もアリでしょうか。

 絶世の美男、業平も老いては以前ほどモテない。

 自分のことなら、藤原清輔くん、図々しいぞ。

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-08-09 23:58 | 詩・文芸 | Comments(0)
<< 大納言経信「夕されば」 殷富門院大輔「見せばやな」 >>