名にしおはば〜


 25番・三条右大臣さん。


  名にしおはば 逢坂山の さねかづら
    人に知られで くるよしもがな


 「さねかづら」という蔓草をたぐり寄せるように忍んで逢いたい。だそうです。「さねかづら」というのは、それほどポピュラーな植物なのでしょうか。

 超ワザとらしいです。怪しいゾ、さねかづら。実葛と書くのですね、ふーん。

 「名にしおはば」とくれば、あっちが有名ですよね。「伊勢物語」の都鳥の方。とくに、東京都民にとってはユリカモメですし。


 三条さんはね、ものすごく凝ったことをしたのです。


 「名にしおはば」は共通で、上が伊勢、下が三条さんで対比します。


  いざ言問はむ  いざ! 呼びかけ
  逢坂山の    おう! 応え

  都鳥   都=京 虚
  さねかづら 実

  我思う人は   我
  人にしられで  人

  ありやなしやと ある=離れる・散るの意味
  くるよしもがな 来る



  全部が反対の意味になっています。
  
  

  

 

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-05-22 01:23 | 詩・文芸 | Comments(0)
<< 夏の夜は〜ぐでんぐでん♪ 「しのぶれど〜」VS「恋すてふ〜」 >>