「しのぶれど〜」VS「恋すてふ〜」

 40と41は「天徳内裏歌合」で優劣を競ったそうです。お題は「忍ぶ恋」。


 40番・平兼盛さん。


   しのぶれど 色に出でにけり わが恋は
        ものや思ふと 人の問ふまで


 頭文字の折句です。「にじはぶし」です。武士は名前が二字。それで「二字」=武士のことです。二字を虹に掛けている。なるほど「色に出る」わけです。



 41番・壬生忠見さん


  恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり
      人知れずこそ 思ひそめしか  


 これはウケました。


 各句の下から3文字目を読みます。「すまにすめ」=須磨に住め
 
 古川柳では、女遊びで勘当されたドラ息子が預けられる先は銚子。当時も似たようなものだったのですね。
 業平の兄、行平が流されていたところですが、彼もモテモテです。蟄居を命じられたかの地で、松風・村雨姉妹とラブラブになっちゃう。

 それと、光源氏ね。

 千年前も、若者のやることは変わんないのね。

 

北斎「乳母が絵解き」との答え合わせはこちら。
https://tamegoro.exblog.jp/28060809/
[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-05-21 23:11 | 詩・文芸 | Comments(0)
<< 名にしおはば〜 浅茅生の〜 >>