滝の音は〜


 55番・大納言公任さん。「和漢朗詠集」の編者です。


  滝の音は 絶えて久しく なりぬれど
     名こそ流れて なほ聞こえけれ


 もともとは嵯峨天皇の離宮だった、大覚寺で詠んだそうです。滝は枯れてしまったが、名声だけは流れ伝わって、今でも聞こえてくる。そんな懐古の情だそうです。

 同音が多いですね。

 のおは ひさしく りぬ

  ほ 


 た=2 き=2 と=2 え=2 て=2 な=4 れ=3 こ=2  

 二た 二き と二 二えて な四 三れ こ二 


 歌 吹き(笛か酒)道風(書)不得手なし 未練 子に


公任さんは、歌、管弦、書のいずれにも優れていたそうです。

なんだ、自慢かい!

  

 

[PR]
by ukiyo-wasure | 2017-05-18 23:10 | 詩・文芸 | Comments(0)
<< 山川に〜 花さそふ〜は数え歌 >>