理屈と膏薬はどこへでも付く

 スーパーへ自転車で買い物に行って、帰ろうとしたらにわか雨。どしゃぶりです。じきに止むだろうと外を眺めておりましたら、駐輪場では「道路交通法の違反者」が大発生!みーんな傘をさして自転車に乗って帰りましたよ。お巡りさ〜ん。
 このルールとか自転車の左側通行とか、まったく現実的じゃありません。自転車で出掛けて帰りに雨が降ったら、どうしろというのか。それに免許がいらないので、ルールを知る機会がありません。
 そうして見ていたら一人のオジさんが、スーパーのダンボールを頭の上にかざして自転車で帰って行きました。
 これは……いいの?ダメなの?裁判ならどうなるの?
 「傘ではないから無罪」
 「傘と同じ危険性があるのは常識で解るはず。ゆえに有罪」
 どちらももっともだ。こういうのを弁護士さんは、お客さんに応じて使い分けるのでしょうか。
 弁護士で政治家という方がいらっしゃいますが、記者の質問によどみなく答えたり、質問した記者を逆にやりこめてしまったり。皆さん弁が立つ。見ているこっちは「法廷なら弁護士の勝ち!」と思ってしまう。で、後でよくよく考えると、アレ、肝心な質問には全然答えていないじゃん。上手いこと逃げたなあと、感心させられる。落語の「考えオチ」みたいなところがあります。頭の回転が付いて行かないとその場で反論が浮ばない。震災直後、連日テレビに出ていた方などお見事でした。弁護士さんはディベートのトレーニングをするのでしょうか。記者さんはどうなのでしょう。
 落語の「名人長二」で、奉行が親殺しの長二を何とか助けたいと考えた末、中国の故事を持ち出して来て「敵討ち」にすりかえる。これは始めに「無罪」ありき。屁理屈みたいなものです。他にも大岡政談物なんかがありますが、もし江戸時代に有能な弁護士がいて名奉行と対決したらオモシロいのになぁ。

 などと妄想していたら、雨が止んだのでありました。


〈連番禁止ナンプレの解説〉サクサクいけます。最初の問題盤面は4月2日に。
「連番禁止ナンプレ」のルールは、スタンダードなナンプレと同じように1〜9までを一つずつ入れますが、さらに上下左右に連続する数字はNG! 2・3や7・8はダメ! 1・9はOKです。
b0230759_1547793.jpg



 
ようこそ、論理の森へ。どのパズル誌にも載っていない「連番禁止ナンプレ」。なか見検索できます↓

http://www.amazon.co.jp/dp4905295068/

[PR]
by ukiyo-wasure | 2012-04-17 16:58 | 日常 | Comments(0)
<< ハッキリ言ってよ 親父ワード >>