人気ブログランキング | 話題のタグを見る

志ん生師匠「錦の袈裟」ユーリ・ガガーリン?


「海賊とよばれた男」第三章「十一、輝く船」で悩み中。


前のヨミは、「紀文」関連で単純に「千両みかん」。今となっては、どーも違う。

「航海」のイメージから「蒼氓」関係とも思ったけど……。

かがやくふね」の「音」からの推理と、月齢が変という「天文」がらみで、思い浮かんだのが「ガガーリン」


1961年4月12日。「地球は青かった」が有名。


「海賊」は置いといて、イメージぴったしの噺あるかなあ。


アヤシいのが「錦の袈裟」

ゴワゴワすぎだろ!!「宇宙服」に通ず。

無理やりですが、


錦=にしき=西木=栗=りつ=立=タ=ユー
の=下ひ=へい=皿=下ら=リ
袈裟=加衣沙衣
 加=ガ
 衣=い=下あ=ガー
 沙衣=三五=八=輪=リン

ユーリガガーリン🚀


この噺、まず、奥さんのキャラが強烈。

袈裟をフンドシにするって、坊さんをバカにしてるよね。宗教心ゼロ。

あとね、吉原のお姐さんたち、袈裟と気づかないのが変。

だって同衾するときは脱ぐでしょ。

朝になって、ああっ!袈裟じゃん。ってならない不思議。

ま、それ以前にフンドシ代わりになる?



つづく


*つづき

B
錦=金白巾
 金=下ね=の=野=八
 白=百
 巾=はば=母=ば=長
の=下ひ=う=宇
袈=加衣=下亥=子=ちゅう=宙
裟=沙衣
 沙=さ=下=火=飛
 衣=行


八百長宇宙飛行🙊




ありうると思います。目的はなんだろう。

メディアによって、どんくらい「騙せるか😜」の実験?










# by ukiyo-wasure | 2022-08-10 12:55 | 落語 | Comments(0)

YouTube「新版・日本国紀」#147 🌅新聞


《江戸時代編》第63回「日本国紀、ついに下巻突入!幕府が朝廷に攘夷を約束させられる」見ました。



和宮様については、前に、じつのパパは海舟さんじゃね?みたいなこと書きました。

ので、違う話。


🌅新聞のことを仰ってました。


世間的には「左寄り」。でも微妙だよね。だって「赤旗」あるし。


これは、なんかアヤシイ。


「南京陥落」なかったのに「あった」と書いた新聞の一つだしね。


「書かなかった」のは「萬朝報」


大変な事件なのに、書かなかった新聞があったってことは「なかった」状況証拠だと思うんだけど。

戦後、この新聞社はなくなった。


🌅新聞は、戦後も大繁盛。

「言論の紅白試合」のための「赤(左)組」役なんじゃないかあ。


先日の「川柳事件」で感じました。



以上感想でした m(_ _)m






*余談ですが、

「海賊とよばれた男」第三章「十一、輝く船」に、「月が明るいですね」

日付が、1953年4月8日。

ネットはスゴいよね。「月齢」を調べました。満月じゃない。全然明るくない。

何を意味するのか、悩みまくり中。























# by ukiyo-wasure | 2022-08-10 04:49 | 歴史 | Comments(0)

N元総理の俳句「夏の海」👏👏💐💐


「三島事件」との関連で、ちょっと気になっていたN元総理

ウィキに俳句が、二句載っていました。

コレを深読みすれば、どうゆう方か少し解るかも。


  夏の海 敬礼の列の 足に来ぬ



「足に来ぬ」が、とてもギコチない。何かありそう。


こうなりました。


夏の海=下の海=しもの海=四方の海
=下い=
=れい
 れ=下る
  下=元=原=はら
  る=下り=雁=下む=唐=から
 い=生=卯=兎=
=下ひ=下亥=子=ちゅう=重=
=れつ=下たつ
 下=お=生=
 たつ=龍=良=
=下ひ=ふ=二=
=た=手=取=十=等=など
=下は
 下=元=原=
 は=
=き=木=目=
=下に=蟹=角刀牛虫
 角=下く=け=下=か=代=
 =かたな
  かた=下た=
  な=七=下八=
 牛=
 虫=ちゅう=鼠=下亥=蛇=藤袴=蘭=乱=らむ
  *蛇=藤袴/源氏物語



四方の海皆はらからと思ふ代に
   など荒波の立ち騒ぐらむ 🌊



代作でないなら、天才でしょヾ(*゚ー゚*)ノ♪




# by ukiyo-wasure | 2022-08-09 12:24 | 古川柳・俳句 | Comments(0)

志ん生師匠「粟田口」丸橋忠弥でしょ


前記事のつづきでーす。

万次郎さんは無関係。

「慶安の変」丸橋忠弥がスペイン人👨っぽい。


ググったら、素性不明。由井正雪の方は、出自が解っている。


「粟田口」「万年橋」が出てくる。


北斎さんの「冨嶽三十六景」のこの絵。


「深川万年橋下」で歌舞伎の「丸橋忠弥」を表していると推理。

志ん生師匠「粟田口」丸橋忠弥でしょ_b0230759_03061690.jpg

1月5日の出来事で、小僧さんも働いている。

ググったら、スペインは仕事始めが1月2日だって。クリスマスの方が、重要な祝祭なんでしょうね。



「粟田口」


A
粟=西米=スペイ
田=タ=六=む=ン
口=く=狗=ワン=一=人

スペイン人👨


B
粟=西米
 西=せい=生=う=下む=丸
 米=下い=兄=橋
田=テン=十=忠
口=狗=犬=見=み=弥


丸橋忠弥💣



山頭火さんのこの句。


 冬雨の石階をのぼるサンタマリヤ


E
冬=十=クロス=キリシ
雨=天=手ん=タン
の=下ひ
 下=もと=元=原=洗=宣
 ひ=い=生=清=きょ
石=いし
 い=生=う
 し=師
階=下亥=子=ス
を=下=ぺ
の=下ひ=影=陰=イン
ぼる=下る=猿=申=人
サン=下ん=がん=丸
タマ=珠=子=下亥=京=橋
リ=下ら=唐=十=忠
ヤ=弥


キリシタン宣教師スペイン人丸橋忠弥⛪️


「慶安の変」1651年なので、蕉門の皆さんも句にしてそう。



*追記

コレどうでしょう。


 初雪や門に橋ある夕まぐれ


A
初=は=下く=隠
雪=雨ヨ
 雨=う=下む=下六=下タ=れ
 ヨ=下か=キ
や=ハ=生=き=利=リ
門=毛ん=下ん=シタン
に=二=う=下む=丸
橋=橋
ある=有流=二長=二八=十=忠
夕=足=は=八=弥
ま=八=よう=陶=すえ=スペ
ぐ=吽=イン
れ=下た=肩=犬=わん=一=人



隠れキリシタン丸橋忠弥スペイン人👨  









# by ukiyo-wasure | 2022-08-09 03:19 | 落語 | Comments(0)

志ん生師匠「粟田口」1月5日​Σ(゚Д゚;エーッ!


「海賊とよばれた男」第三章「八、決断」「金明竹」で、徳川家定さんのことと推理しました。


与太郎さん、アホのフリしてじつは、すごい記憶力だよね。


次の「九、サムライたち」が、サッパリわからない。


タイトルの「音」から「粟田口」かもってなった。


円朝さん作、全然笑えない噺。


聞き直したら、Σ(゚Д゚;エーッ!


覆面の武士に名刀を奪われる噺なんだけど、な、なんと、1月5日🎍の出来事。


「ジョン万次郎」と一緒。


仕事休みじゃないの?

江戸のお正月、駕籠屋さんはお仕事?


もう一つが、斬られて橋から川へドボン💦

斬った武士が「上がってきたら、また一太刀」

ちょっ待て、橋から水面ってかなり距離があると思うんだけど……。



もう一回聞いたら、橋じゃなくて、渡り切ってからでした。

川岸からドボンですね。


今んところ、ここまでしか判りません。


つづく



*つづき

「粟田口」=西米田口=スペイン人、と読める。

「海賊」の方が、大航海時代のイメージ。

誰がスペイン人だよ!!

万次郎関係ない気がしてきた。








# by ukiyo-wasure | 2022-08-08 23:43 | 落語 | Comments(0)