スタンディング

 笑っちゃいました、自民党の議員の皆さま。いかにも「日本人」でございます。「みんなが〜した」に極めて弱い。そんな国民性ですから、ワタクシはじめ血液型B型は疎外感を感じる訳でございます。

 あの映像を見て思い出したのがロックコンサート。五十代はバリバリのロック世代ですからね。ロックコンサートは「立つ」のが「ファンとしての礼義」と決まった頃の世代です。
 当時よく言われたのが「立つきっかけ」を逃すと立ち上がりにくいということ。ファンはガーン!と一発ギターの音で立つ。トモダチとおしゃべりしていようが何をしていようが立って「ベンジー!」などと叫ぶ。
 ところが、ファンではないのに義理で来ている人がいるのです。スポンサー関係の人とか、タダでチケットを手に入れているような人たちです。こういう人たちは醒めているので、周りが一斉に立ち上がったとき「えっ」となる。「日本人」ですから、ついつられて腰が浮く。一時中腰です。そこから大抵は立つのですが、こんどは動きについて行けません。ぼーと立っているだけ。
 一方中腰から、やっぱり座ってしまった「B型タイプ」は、もう途中で立てない。前が見えなくても「今さら立てない」。意地でも座りっ放し。何しに来たか不明。
 
 と、このスタンディングが話題になったのが、かれこれ数十年前でしょうか。

 でもねぇ、こういうのを見ると、和を大切にというのは解りますが、多数派につく、長いものに巻かれるってことでしょ。結論として「日本人の多数決は全然信用できない」ってことじゃん!
 

[PR]
# by ukiyo-wasure | 2016-09-28 12:01 | 日常 | Trackback | Comments(0)

男の引き際

 「しくじり先生」は面白いですね。この企画、考えた人、偉いなあ。それと、脚本というか放送作家さんのセンスもいいですねえ。「リーダーズハイ」は最高!昨日の南原社長、大変結構な授業でございました。
 デスクに置かれた「男の引き際」ですか。ついアマゾンで検索しちゃったのは私だけではないでしょう。売れそうですよ、これは。

 バブル崩壊、リーマンショックなど、関係した会社の倒産には何度か会いました。その中で、非常にキレイなヤメ方をした方がいましたっけ。とても印象深い。
 十人くらいの広告制作会社でした。「倒産します。支払いはちゃんとします」と事前に電話がありました。不渡りを出したとかではなく、きっちり後始末してから「倒産」にしたのでしょうね。社長は一人ですぐに仕事を始めました。

 一龍斎貞水の講談に「太閤記 明智左馬助 湖水乗切り」というのがあります。戦国時代に一番「散り際」が美しかった武将と、貞水さんは言っています。明智光秀の家来の一人で明智秀満。ヒデミツと読むのでミツヒデと紛らわしい。琵琶湖を馬で渡ったことで有名らしい。

 これから「引く」やら「散る」やらを考えているリーダーさん、こちらの講談もおすすめでございますよ。




追記 明智秀満はゲーム「鬼武者」のヒーローだったのね。若い人もご存知だったんだ!
 
 

[PR]
# by ukiyo-wasure | 2016-09-27 16:16 | 歴史 | Trackback | Comments(0)

手作り付箋

 本を読む時、このネタは面白いというところに付箋を貼ります。自分の本ですとマーカーで線をひいたり。「細雪」を再読していて、付箋をベタベタ貼っておりましたら、何かのオマケでもらったものがなくなってしまった。付箋なんてものを買うというのもバカバカしい。今後も大量に使いそうですから。

 ネットで調べたら、手作りの方法というのが結構あります。が、紙は何でもいいのだけれど、付箋の付箋たる所以は「のり」でございますからして、その「のり」は「貼ってはがせるノリ」を購入となる。ダイソーで108円。セコい私はこの108円を出し惜しむ。だって、手間を考えたら108円の付箋を買った方がいい。
 手作り付箋を作る方々は「オリジナル」の「可愛い」ものが欲しいという目的ですから、私のようにタダの「ケチ」ではないのですね。

 ポイントは「貼ってはがせる」です。ピカッと思い出しました。大昔、デザインの勉強をしていたとき、マスキングテープというものを使いました。細長いスペースに絵具を塗るときなど、両側に貼って、さーっと上から塗って、テープをはがすのです。
 それでね、マスキングテープがない時はどうするか。ふつうのセロテープを、一旦掌に貼付けてから使う。皮膚から出ている汗と油の混合液が付着して粘着力が低下。貼ってはがしても紙が破れたりケバがついたりしないのです。

 ババアの知恵袋でした。
 

[PR]
# by ukiyo-wasure | 2016-09-25 11:59 | 日常 | Trackback | Comments(0)

仁義なき戦い

 近所にコンビニ「3F」があったのですが、去年、道路を挟んだ真向かいに「7.11」ができまして、ついにつぶれてしまいました。「7.11」ができたとき、こういうことは、私が生まれ育った小さな都市などでは絶対にあり得ないと思いましたね。大変なことになるでしょう。法に触れなくても「仁義」に抵触です。
 「3F」のオーナーさん、最後は地元の野菜まで売って頑張ったのに…。みんな気の毒がっておりました。
 と、昨日です。通りかかったら「3F」のあった建物に貼り紙。「11月某日LSオープン!スタッフ募集」。どういうこと?オーナーは別の人?それとも「敵討ち」?
 「7.11」対「LS」の対決やいかに。戦国時代みたいで、ちょっとワクワク。

[PR]
# by ukiyo-wasure | 2016-09-24 13:59 | 日常 | Trackback | Comments(0)

誰がブタやねん!

「ブタみたい!」と言われてしまった。失礼でしょ。この言葉で別れたカップルを知っています。その女子曰く「ブスは許せるがブタは許せない。ギャグとしても」だそうです。わかる。ブスは主観ですが、ブタは全人類が「ああ、アレね」という揺るぎないイメージですから。
 私の場合、容姿ではないから腹が立ちませんでした。
 タビックス、これは福助の商品名で、一般名詞ですと「足袋ソックス」。草履タイプのサンダルをつっかけるのに、寒いから、ダイソーで買ったのを履いたのです。色はベージュ。ご想像ください。
 「ブタみたい!」と家人に言われ、足元を見たら「本当だ!」。
 幼稚園、保育園の関係者の皆さま、学芸会の「3匹のコブタ」役に使えますよ。では一句。


 タビックス  

  履いてますます

     増すブタ度



 メタボの皆さま、肌色タビックスで笑いを取りましょう

[PR]
# by ukiyo-wasure | 2016-09-19 13:02 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トップ

パズル作家・マグナム=ハートのブログです。パズルの他、志ん生や虎造のことを書きます。リンクフリー
by マグナム・ハート
外部リンク
最新の記事
スタンディング
at 2016-09-28 12:01
男の引き際
at 2016-09-27 16:16
手作り付箋
at 2016-09-25 11:59
仁義なき戦い
at 2016-09-24 13:59
誰がブタやねん!
at 2016-09-19 13:02
細雪
at 2016-09-19 02:28
芥川賞のつっこみどころ
at 2016-09-17 12:53
小熊秀雄の「川端評」
at 2016-09-17 00:29
小熊秀雄の「太宰評」
at 2016-09-16 15:17
大昔の箸は一本だった
at 2016-09-15 23:51
最新のコメント
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧